派遣でも在籍確認なしカードローン

派遣でも在籍確認の電話なしでカードローンできる方法

派遣でも在籍確認の電話連絡なしでカードローンやキャッシングができる方法をご紹介!派遣元への在籍確認の電話が不安な方は必見です!書類だけで審査が完了できるから一切周囲にバレない。ネットから申し込みをすれば審査が早い上に来店不要で即日融資も!

派遣でも在籍確認の電話なしでカードローンできる方法 » 派遣でも在籍確認なし

派遣でも在籍確認なし

派遣でも在籍確認の電話なしで借りれる!

派遣元の登録会社や職場に電話連絡なしのカードローンができる方法とは?

派遣の方でも大丈夫!電話のかわりに社員証か保険証を写メでアップかFAXで送信するだけ!

(これらの書類がない場合は給与明細か収入証明書でもOK)
在籍確認なしのキャッシングはプロミス
↓派遣元や勤務先へ電話なし↓
30日間無利息のプロミス
↑在籍確認を書類で完了↑

 

派遣社員でも職場や派遣元の登録会社に一切の在籍確認の電話なしでキャッシングやカードローンができるので、バレずに借りたい方は安心ですね。派遣だからと言ってカードローン審査が難しくなる心配はありません。収入があり信用のある方ならどなたでも借りれるのがプロミスの魅力。

本当に職場や派遣元のほうにもバレないの?

はい、一切バレることはありません。
上記に記載したように書類で在籍確認の審査を完了させるので、電話はもちろんですが勤務先に連絡するようなことはありませんのでご安心ください。通常であれば派遣元である登録会社に在籍確認をするのですが、これを書類だけで完了させ、派遣元にも職場にも在籍確認の電話連絡なしで借りれるようにするので内緒でキャッシングやカードローンができるのです。

そもそも派遣だから年収が低いけど借りれるの?

安定した収入があれば、年収が低くても全く問題ありません。
ただ、総量規制という法律により、消費者金融からの融資額は年収の1/3までとなっています。
ですので、万が一既に他社から借り入れをしてる場合はその額を差し引いた借入限度額の設定になる場合が多いようです。

 

派遣だと社員証がありません。それでも在籍確認の電話なしにできる?

はい可能です。派遣の方の場合であれば給与明細や収入証明書、もしくは派遣会社などがわかるような書類などを送信すれば在籍確認の電話なしで借りれるので安心です。派遣の方の場合はたいていの場合、勤務先ではなく派遣元である派遣会社がわかる書類になります。

 

消費者金融から自宅に郵送物が届いたりしませんか?

ご安心ください。
借り入れ明細やカードなど、一切の郵送物なしで利用できますので、ご家族にバレる心配もありません。
明細などはWEBからログインしてご確認いただけます。カードなどはATMや無人契約機や店頭で受け取ることもできます。

在籍確認の電話を無しにすることにより審査が厳しいものになったりしませんか?

そのようなことは一切ありません!
あくまで在籍確認は、きちんとお勤めされていて収入が安定しているのか?を見るだけのものですので、それが電話であろうが、書類であろうがあまり大差はないのです。ですのでご安心ください。

派遣先が変わったばかり。審査に影響ある?

派遣元の登録会社での勤続年数が長ければ一切問題ありません。
たとえ、今の登録会社に所属して間もなくても、今後安定した収入が見込めるようであればキャッシングやカードローンは可能ですのでご安心ください。

派遣会社に勧められたけど社会保険に加入したほうが良い?

消費者金融など金融機関において、国民健康保険と社会保険では信頼度はまったく違います。社会保険は正社員でないと持てない保険です。その保険を持っていることだけで、会社に正式に在籍していることを証明できるものです。アルバイトやパート、一部の派遣の方も含め社会保険をもつことはできません。さらにいうと無職でも国民健康保険ですから、働いているという証明にはなりません。ですが社会保険は違います。会社が加入している、会社の名前が入っているので、勤務先に在籍しているとしっかりと証明するものです。

申し込み時に派遣会社ではなく派遣先を勤務先と記入するってあり?

あり得ません。派遣社員の方が在籍しているのは派遣会社です。例え、派遣先が立派な企業だったとしても、上場している有名企業だとしても、給料をもらっているのは派遣会社です。申し込み時に、イメージが良いからと派遣先の情報を記入して、もし、在籍確認の電話が派遣先にかかって、うちにはそんな名前の社員はおりません、と言われてしまったら、審査はそこで終了です。しかも悪いのは、その履歴が残ってしまうことです。やり直して登録している派遣会社にして申し込み直そうとしても、消費者金融の審査に落ちた情報はしっかり残ります。そうなると審査は今後さらに厳しくなりますので、申し込む際は正直を心掛けましょう。また、やり直しという目的で他社の消費者金融にすぐに申込むのもオススメしません。信用情報機関に残っている履歴は他社の消費者金融も確認していますので、一度に何社も申し込んだとなると、申し込みブラックとして要注意扱いとなる可能性もあるので気をつけましょう。

派遣社員だから年収が低い。それでも審査に通る?

まったく問題ありません。消費者金融でのキャッシングやカードローンでは総量規制枠というものが設定されており、年収の1/3までしか借り入れできないことになっています。もしも既に他社借り入れがある場合なら、その借り入れ金額も含んでの1/3までの借り入れになります。なので、年収が低い場合であってもその1/3までならまったく問題なくキャッシングできるのです。

 

在籍確認の言い訳はどんな内容がいい?

在籍確認の言い訳を事前に用意しておくと電話を怪しまれずに済むため、良い言い訳を考えておく方が多いようですね。言い訳として人気なのが銀行カードローン、クレジットカードの発行、車のローン審査や住宅ローン審査、あるいは学資ローンなどを利用する方が多いようです。いずれかご自分の環境に馴染むような言い訳を選んでおくと安心かもしれませんね。

 

派遣を掛け持ちしています。その場合の在籍確認はどうなるの?

どちらでも基本的には問題ありませんが、メインの収入を得ている派遣会社か勤続年数が長い方など、関係が深いほうを記入すれば問題ないと思われますが、個人差もあるので、どうしても判断が難しい場合であれば、とりあえずネットから審査申し込みをし、どちらかを記入しておき、あとから担当者に相談すれば問題ありません。

派遣で働く主婦です。主婦でも借りれる?

はい、主婦の方でもお仕事をされていれば、問題ありません。

派遣以外のパートやバイトなどでもまったく問題なくカードローンができます。

 

専業主婦は消費者金融でのカードローンができないの

専業主婦の方の場合は無職扱いになってしまうので、消費者金融でのカードローンができません。銀行ならできる場合があります。消費者金融でお金を借りるには、パートやアルバイト、短時間で低額の収入でもいいので、何かしらの収入がないと借りられません。逆に言えば少しでも収入があれば借りれるので、派遣やバイト、パートなどまずは簡単な仕事をしてからカードローンに申し込みすると審査に通りやすいと思います。

 

派遣やアルバイトだと会社員より借入限度額は低くなるの?

これは一概には言えません。個人差がとてもあります。会社員でも他社借り入れ件数などが3件以上あって、借り入れ金額もすでに総量規制対象外である年収の三分の一を超えてる場合は新たな借り入れができませんし、逆にフリーターなどであっても借金が一切なく、安定した収入があれば会社員より高額の設定にしてもらえる場合もありますので、その人の状況に応じてという感じになります。

 

転職を考えていますが、新規で申し込むなら転職前?転職後?

是非、転職前に申込むことをオススメします。なぜなら勤続年数が長いからです。転職してすぐだと勤続年数はとても短いのでオススメはしません。また、消費者金融には申込むだけですぐにお金を借りないという方法も可能です。いざという時のために余裕が有る時に申込むことをオススメします。

 

派遣社員だといきなり高額の借り入れは難しい?

いいえ、派遣だからといって高額の借り入れが無理なわけではありません。派遣でも年収が多い方であれば初回の借り入れでも100万円以上借りれる場合もあります。総量規制という法律もあり、年収が大事なポイントとなってきますので、まずは申し込みをしてあとから相談してみるのもいいかもしれません。初回は50万円、追加融資で50万という相談にも乗ってくれます。

 

派遣を掛け持ちしています。勤務先はどちらを書くべき?

派遣会社を2つ登録して掛け持ちしてるなら、収入が多い、又は勤続年数が長い方を書くとよいでしょう。派遣会社は1つで職場が2つの場合であれば、派遣登録会社との雇用契約となるので当然、派遣登録会社のみで問題ありません。

 

登録会社が個人情報保護法で派遣社員の情報を開示しない場合は?

最近では、派遣元である登録会社が個人情報を守るために一切の派遣社員の情報を教えない企業も増えてきています。そういった場合では当然、収入証明書や給与明細などの書類によって在籍確認を審査するしかありません。ですが、個人情報保護を行ってる企業でも、その人が在籍してるかどうかだけは教えてくれる会社もあり、そういった場合は在籍が取れた=審査OKとなりますので、それだけで在籍確認は終了となります。

 

在籍確認の審査の後、否決されることはあるの?

審査が在籍確認の段階まで進めば、そのあとはまず審査が否決されることはほぼないといっていいでしょう。稀に、記入した内容に虚偽や間違いがあった場合など何かしらの問題があった場合だと否決される可能性もありますが、通常であれば、否決はありません。

 

消費者金融のカードローンは総量規制対象外になる?

いいえ、残念ながら消費者金融でのカードローンやキャッシングは全て総量規制対象となりますので、既に現在、年収の三分の一まで借り入れをしてる方の場合は、これ以上の借り入れができないように制限されます。現在借り入れしてる金融での増額でも新規の金融会社でもどこでも同様です。

 

借り入れ審査には収入証明書が必要になりますか?

いいえ、50万円までの借り入れであれば収入証明書不要でカードローンできます。しかしながら派遣の方で社員証や社会保険証などがない場合は給与明細か収入証明書の提出によって在籍確認の審査の電話を無しにして書類で審査ができるようになるので、もし派遣の方で在籍確認を書類のみで希望する場合はもしかしたら収入証明書が必要になるケースもあると考えたほうがよいかもしれません。

 

即日、一万円でも借りれる?

はい、プロミスなら平日はもちろん、土日や休日などの場合であっても即日融資が可能です。そして一万円から借入することもできます。給料日まで少しお金が足りないときでも安心です。

 

派遣でも高収入。なのに正社員より審査に通りにくいのはなぜ?

派遣の方でもスキルがあって高収入の方はたくさんいらっしゃいますが、正社員の方より年収が高い場合でも借り入れ限度額が低い設定のこともあります。やはり派遣の場合は会社員と比べると安定していないとみなされてしまうので、その点だけ審査が少しだけ不利になるケースもあるようです。しかしながら派遣だからといって大きく審査に影響するような項目はありませんのでご安心ください。

 

短期の派遣なので国民健康保険です。それでも審査に通る?

借り入れ審査自体は全く影響ありません。但し、在籍確認の電話なしで借りる場合、通常は正社員であれば社員証か社会保険証の提示により電話連絡免除となるケースが多いですが、これらの書類がない場合は収入証明書か給与明細などを送信すれば在籍確認なしで借りることができますので心配ありません。

土日にすぐお金を借りたい。週末に即日融資ってできるの?

はい、できます!土日や連休などの休日であってもプロミス指定の銀行口座(三井住友銀行かジャパンネット銀行)をお持ちであれば振り込み融資をしてもらえますし、それらがない場合でも無人契約機に行けばすぐにお金を借りることができますので、当日急ぎで借りたい場合であっても便利です。

派遣社員でも電話なしプロミスの詳細はこちら

 

消費者金融カードローンのよくある質問

収入証明書類は審査に必要でしょうか?

Aいいえ、必ずしも必要というわけではありません。ただし、希望借入額が50万円を超える場合、もしくは、すでに他社の金融機関で借りている額と、今回の希望借入額を合わせた金額が100万円を超える場合は、収入証明書類の提出が必要になります。
収入証明書類が必要となった場合は何を用意すれば良いでしょうか?

Aはい、次の収入証明書類のうち、どれか1点を提示すれば大丈夫です。
【源泉徴収票】【確定申告】【税額通知書】【所得(課税)証明書】【給与明細書】
勤務先の表記されている「源泉徴収票」や「給与明細」は、審査の段階で用意できれば、審査がさらにスムーズに進むのであれば、用意しましょう。

Q 以前に携帯電話の料金を滞納してしまいました。信用機関に掲載されると審査に通らない

A三か月未満の滞納であればまだ信用機関に掲載されていないケースが多いはずです。逆にそれ以上経過してしまうと信用機関のデータベースに記載され、消費者金融だけでなくクレジットカードなく金融機関すべての審査に通りにくくなることが想定されます。

 

派遣でも安心のサイト:在籍確認なし キャッシング

 

派遣社員のカードローン審査について

カードローンの審査では職業が重視されると言われています。これは収入の確実性が返済能力に直結する無担保ローンだからであり、収入の確実性が低いと言われている派遣の方は審査で不利になります。
しかし、派遣の人であっても、全ての人が不安定な収入だというわけではありません。実際に派遣会社に登録しつつ、同一の派遣先に5年も10年も派遣され続けている人もいます。
とはいえ、正社員ではないため、身分は不安定であることは間近いないでしょう。
派遣の方はカードローンを契約する際にあまり無理をせず、確実に審査が下りると思われる中小規模の消費者金融が望ましいと言われることもあります。
しかし、案外と派遣の方が銀行系カードローンに申込んで審査に通ることがあります。
このような人に共通しているのは、取引期間が長いことです。極論ですが、子供のころからずっと同じ銀行で口座を持ち、大人になってからも持ち続けているという話は珍しくありません。社会人になって給与振込もその銀行に指定すれば、銀行にとっては上得意客です。
このような場合、職業が何かは審査にあまり響かないと言われます。親なども同じ銀行で取引があり、銀行自体が生活の一部になっているような場合には貸倒になるという可能性は非常に低いのです。
また、取引期間は長くなくても、口座開設とともに給与振込をしていれば信用が付きます。また、クレジットカードなどの支払実績が旅行であれば信用はさらに高まります。このような場合も審査に通りやすいです。
職業だけで審査が決まるという事はありません。正社員の方であっても、クレジットカードの支払に延滞月が多ければ、収入が多くても審査には落とされるのです。

 

借り入れ審査において勤続年数が重要な理由とは?

 

金融機関で借入をする際、そのほとんどは無担保融資です。
そのため、審査では勤務先がどこかという点が重視されます。なぜなら、貸付資金の返済原資は、通常勤務先からの給与収入しかないためです。
大企業の正社員や公務員の方は審査で有利だと言われるのも、このようなことが理由です。
給与収入の確実性を評価する手段の一つとして、勤続年数があります。
勤続年数は文字通りその会社で勤め続けていた期間です。
この期間が長いほど、勤めづける可能性が高く、給与収入が引き続きあり続ける可能性が高いと言えます。
そのため、一般的に勤続年数が長いほど審査では有利になります。
新入社員と勤続年数が長い人を比べてみれば、その意味がよくわかるのではないでしょうか。
もっとも、年齢を無視することはできません。
一般の会社は定年が60歳です。
年金支給開始年齢の関係で、60歳以降も働き続ける人は多いのですが、通常給与水準は半分以下です。
そのため、一概に勤続年数が長ければ信用があるとも言い難いのですが、収入の確実性という観点からすると、勤続年数は大切です。
最近、消費者金融などで在籍確認の電話を省略することが多くなっています。
しかし、信用がないと省略してくれないことがあります。
新入社員の方は健康保険証を提示するとはいえ、保険証自体が偽造ではないかと疑われたり、すぐ退職して保険証だけ返納せずに持っていたりすることも実際にあるのです。
これに対し、勤続年数が長い人はいきなり退職になる可能性も低いため、保険証があれば勤めていることを確認できると判断されるのです。
勤続年数が長いことは、ただ単に信用があって審査で有利になるだけではなく、他にもメリットが数多くあるのです。

 

 

派遣社員でも在籍確認なしでカードローンをした方々の口コミ

「派遣先の職場は三ヵ月ごとくらいに変わってるので、こんな状況でも借り入れってできるのかなぁって不安だったんです。親も頼れないし。でも派遣元の登録会社が変わっていないので、審査にはまったく関係ないといわれ安心してカードローンできました」
(名古屋 31歳 女性)
「派遣会社に国民健康保険から社会保険への切り替えをお願いしているんですが、なかなか替えてくれません。消費者金融に申し込むのに社会保険証が用意できると審査が全然違うというのを聞いていたので、すぐに派遣会社に申し込んだんですが。仕方がないので国民健康保険証の状態で消費者金融に申し込みました。派遣会社に在籍確認の電話があったんですが、あらかじめクレジットカードの審査ということにしていたので変に勘繰られることなく終了。なんとかなりました。それでも消費者金融とは関係なく社会保険の信頼度の高さは世間的に欲しいところなので引き続き会社にお願いしていくつもりです。」
(大田区 31歳 男性)

 

「長く登録してた派遣会社から違う派遣会社に転職することにしました。自分には合わない感じだったので。で、消費者金融に申し込むなら転職する前がいいのか、した後がいいのか迷ってて、同じ派遣の先輩に相談したら、絶対に転職する前!って言われたので、そうしました。理由は、少しでも勤続年数が長い方がいいから。なるほど。」
(市川市 29歳 女性)

 

「正直、消費者金融のイメージって良くなかったんですけど、急な出費が重なって仕方なく1回だけと思って申し込んだ時の電話の対応がとても良くて、イメージは全く変わりました。他を利用していないので比較はできませんが、プロミスの方はとても良かったです。電話もメールも。これからもピンチの時には利用させていただきます!」

(町田市 27歳 女性)

 

「安心、親切な対応で大満足!急な出費…お金をなんとかしないといけないのにちょっと諦め半分だった。時間も遅かったし、ダメ元でお願いしたら、とても親切で丁寧な対応で安心。借りたお金ですぐに支払いに行きました。助かりました。」

(浜松市 25歳 男性)

 

「転職を機に消費者金融のカードローンに申込もうと考えてました。無職の期間が長引いてしまうかもしれないので。会社を辞める前に申込みをしたのが良かったです。無職になってからでは確実に審査に落ちてたでしょう。勤続年数が長かったのもあって、在籍確認の電話はなしで契約できました。もうすぐ辞めるというのに消費者金融からの電話はマズいですからね。」

(名古屋 31歳 男性)

 

「消費者金融に申し込む前に、安心するためにインターネットでいろいろ調べてたら余計に不安になった。特に不安なのが職場にかかってくる確認の電話。在籍確認という審査。実際、誰が電話を取るかわからないし、零細企業なので、電話はみんなに聞こえるし。しかもオレになんか滅多にかかってこないから、いろいろ訊かれるのわかってるし。そんでこれもネットで調べてわかったことなんだけど、その電話をなしにしてもらうという方法。ネットでは断言はしていなかったが、自分にも”在籍確認の電話をなしにしてもらう”ことができるのか相談してみたら、勤続年数が長かったのが良かったのか、無事に代替案で電話なしにしてもらえた。あの職場に電話がかかってきてたらと思うとゾッとする。本当に助かった」

(川口市 32歳 男性)

 

最近の投稿
メタ情報