カードローン、在籍確認が行われるタイミングとはいつ?

カードローンの在籍確認は審査終了直前に行われます。

プロミスのように在籍確認を電話ではなく、健康保険証などによる書面審査による方法を取っている場合も多くなりましたが、職場への電話の方法で在籍確認をする場合は審査終了直前になります。

当然、審査の結果、融資しても大丈夫だという判断が出ていることが前提であり、審査でNGが出ているのに在籍確認ができたからOKになるという事はあり得ません。

在籍確認の目的は、申込書に書いてある会社に本当に勤めているかを確認することであり、確認を取ることで申込書の内容が真実であるという確証を消費者金融が得るわけです。

消費者金融は申込書に基づいて審査をしますが、前提条件として「申込書には真実が記載してある」という事が挙げられます。

そして、最後に申込書の内容が真実であることを確認するために運転免許証の確認や在籍確認をするわけです。

消費者金融の審査はご存知の通りハイスピードであり、プロミスを例にとると最短30分以内に審査回答を出すことができます。

しかし、これは「回答」であり、運転免許証の確認や在籍確認は終わっていません。

この回答のことを「仮審査結果」という事もありますが、申込書の内容が真実ならこのような条件で融資をしますという回答なのです。

この仮審査の回答の際に職場への在籍確認が必要であれば、その旨が通知されます。

在籍確認の電話は仮審査の電話終了後すぐにかかってきます。

担当者が受話器を置いて、すぐに職場へ電話をするためです。

なにかと嫌がられる在籍確認の電話ですが、仮審査直後にこの電話がありますから、逆算することで申込をした時間から在籍確認があるであろう時間はわかりそうなものです

時間帯を工夫することで何とか乗り切りたいものです。