「金利をもっと低くしたい!」こんな時、カードローン会社は金利の引き下げ交渉に応じてくれるものなのでしょうか?カードローンは金利が下がるほど、利息を少なくできます。そのため、できる限り低い金利で借入することが賢い利用方法となります。

 

そこで「カードローン会社に金利の引き下げ交渉をしてみよう」と考える方もいるかと思います。では、そのようなことは果たして可能なのでしょうか?

 

■カードローン会社は金利引き下げ交渉に応じてくれる?

金利の引き下げ交渉に応じてくれる否かはカードローン会社によります。大手消費者金の場合ですと、ほとんどの業者が金利の引き下げ交渉に応じてくれるようです。ただし、無条件で応じてくれるわけではなく、いくつかの条件があります。おもな条件は以下のとおりです。

 

  • ある程度の期間利用していること
  • しっかりと返済日を守って返済していること

 

まず、大前提としてある程度の期間利用していないと、どのカードローン会社も金利の引き下げ交渉に応じてくれません。そのため、契約してすぐに交渉しようとしても断られてしまうかと思います。利用期間の目安は半年くらい見ておくのがおすすめです。

 

つぎに、金利の引き下げ交渉をするなら延滞は絶対NGです。当たり前ですが、しっかりと返済日を守って返済しないような人に、今よりも好条件で貸付するような会社はありません。

 

・金利引下げ交渉のやり方

金利引き下げ交渉の方法はとってもかんたんです。利用中のカードローン会社に電話して、「金利を下げてほしいのですが・・・」と頼むだけです。その後はカードローン会社が審査をして、金利を引下げるかどうか判断してくれます。

 

■増額によっても金利が下がる可能性がアリ!

カードローンの金利は限度額によって決まります。限度額を高く設定してもらえるほど、金利が低くなっていくのです。そのため、増額してもらえれば金利が下がる可能性があります。増額は増額審査を受けることで可能です。また、カードローン会社のほうから「増額しませんか?」と誘いがあることもあります。金利を下げたいなら、増額という方法を選択するのも良い手です。