カードローンのメリット・デメリットは?

カードローンは金融機関のローン商品の中でも人気が高い商品です。CMでもお馴染みになってるので、消費者もカードローンを利用する事に何の抵抗のない時代になってきました。

カードローンは、キャッシングのように翌月に一括返済しなくてもいいですし、リボルビング払いなので自分のペースで返済していける事に使いやすさを感じる方が多いようです。

借入枠を設定して、自分の好きな時に借入ができるというのは他のローン商品では考えられない利便性の高さが最大のメリットになります。

また、金融機関側としても、ある意味、貸付事務の手間を顧客に任せることができるため、事務コストの軽減を図ることができるというメリットがあります。
その反面、利用者の中には使いすぎてしまい、返済に窮するという事態に陥る人も少なからず存在します。
そのような人の中には任意整理のような債務整理を余儀なくされる人もいます。
このデメリットは、そのまま金融機関にも当てはまり、他のローン商品に比べると貸倒リスクが高いことを意味します。
同時に保証料が割高となり、金利が高くなるデメリットも否定できません。
では、メリットを生かしデメリットを最低限にする方法はないものでしょうか。
まず、デメリットの中で一番大きな使い過ぎを防ぐことを考えるべきでしょう。
大手消費者金融のプロミスではネット上で自分の利用残高を確認することができます。
また、ネットバンキングを利用して自分の銀行口座からプロミスへ追加返済することも可能です。
一般的に消費者金融のローンカードをコンビニATMで利用すると手数料を徴収されますから、プロミスのネットバンキングを利用した返済はコスト軽減にもつながります。
当然、追加返済をこまめにすることで利用残高を減らすことにもつながりますし、同時に利息軽減にもつながります。
これだけで、カードローン利用に関するデメリットはかなり軽減されるのではないでしょうか。

上手に使えば大きなデメリットは特に考えられない商品ですが、やはりカードローンは便利な反面利率が高いローン商品です。
消費者金融のCMにある通り「使い過ぎに注意しましょう」と言うことが大切です。