在籍確認なし!?同僚や上司にバレない会社へ電話連絡なしのカードローンとは?
消費者金融などのカードローンを申し込むと、職場への在籍確認は常識だと言われていました。
今でも同様だと思っている人は多いのではないでしょうか。
しかし、最近の大手消費者金融では職場に在籍確認の電話をしない場合が増えてきました。
職場への在籍確認の電話は当然のことながら嫌われます。
職場に電話があったばかりに、上司にバレてしまい契約を取り消すようなことも珍しくありません。
また、最近は職場への私用電話を一切取り次がないケースもあります。
そのため、職場への在籍確認の電話自体が成立しなくなっているのです。
しかし、無担保融資の消費者金融は、職場からもらう給料を返済原資だと考えていますから、職場にいることは絶対確認する必要があります。
では、どのようにしているのでしょうか。
職場に電話をしなくても、例えば健康保険証などを提示すれば、確実に職場で働いていることがわかります。
健康保険証は退職すると取り上げられるためです。
また、信用情報の内容から同じ職場に長年勤めているという事が確認でき、その職場が大手企業や公務員などの場合は、転職する可能性は著しく低いという判断をする場合もあります。
この場合、健康保険証などの確認もしないことがあります。
このようなカードローンを申し込むと、職場に電話がありません。
消費者金融のカードローンを利用していることは、周囲の人に絶対内緒にしたい事でしょう。
大手消費者金融のモビットは、健康保険証の確認をすることと、大手銀行との取引があることで職場へ在籍確認の電話をすることを省略しています。
この二つの条件を満たすことで相手の素性を把握することができ、それ以上の確認は不要だと判断しているのです。