カードローンへの申込をすると、必ず審査を受けることになります。在籍確認は審査の最後に行われるのですが、その前に審査に引っかかってしまう場合もあります。

カードローン審査に引っかかってしまうのには、いくつか原因が考えられます。その理由をいくつかここで紹介していきます。

たくさん借り過ぎている場合

借入を4社以上からしていたり、年収3分の1以上のお金を借りていたりしたら、カードローンの審査に引っかかる事があります。
限度額の希望を年収3分の1以上出してしまうと総量規制で不可となり、さらに、他者の消費者金融からの借りていて、合計が年収の3分の1以上だった場合も総量規定に引っかかってしまいます。
なので、借りているお金を少しずつ返済する、もしくは、借入しているカードローン会社を絞るようにしましょう。

利用限度額が高額の場合

自分の返済能力以上の利用限度額を申し込んでしまうと、審査に落ちやすくなってしまいます。原則的に、審査の際は自分の収入に応じた利用限度額を申請しなければなりません。
最初から高額の利用限度額を申込むのではなく、返済能力に応じた申込を行い、徐々に増やすようにしましょう。

申込ブラックになっている場合

3社以上に対して1カ月の間に申込をしている場合、「申込ブラック」という状態となっており審査を通過することが難しくなってしまいます。
カードローンに申込をすると、それだけで信用情報機関に登録されてしまうため、情報が登録されているままの状態だと、審査に通過しにくくなります。なので、3社以上に申込をして審査に落ちてしまった場合は、最低でも6カ月以上間を空けてから申込をするようにしてください。

ブラックリストに登録されている

いままでに返済が遅れたり、滞納したりしたことがある人は、ブラックリストに登録されている可能性もあります。3カ月以内に滞納や延滞をしている場合は、審査に通るのが難しくなってしまいます。
なので、3カ月以上滞納したり延滞したりすることがないように、注意しましょう。

申込の際、書類に不備がある場合

審査に通らない原因として、まず考えられるのが、申込書類に不備があるという事です。
なので、申込書に記入する際は、間違いや記入漏れがないように、集中して記入し、必ず最後に見直すようにしてください。さらに、添付書類もきちんと確認するようにしましょう。

スーパーホワイトの場合

「スーパーホワイト」とは、今までにカードローンを組んだことが無い人や、クレジットカードを作ったことがない人のことを言います。
スーパーホワイトの人は、偽装やなりすまし、金融事故があったなどと疑われてしまう可能性があるので、審査に通過しにくくなります。
もし、今までにカードローンを組んだ経験が無かったり、クレジットカードを作ったことが無かったりした場合は、カードを作成するなどしてカードの利用履歴を作ると良いでしょう。

以上に紹介した以外でも、属性が原因で審査に落ちてしまう事もあります。

属性である年収・勤務先・雇用形態・勤続年数は変更できない場合が多いかもしれませんが、審査の基準はカードローン会社によって様々です。
なので、たとえ一つの会社の審査で引っかかったからといって、もう二度と申込出来ない訳ではありません。そのような時は、少し時間を空けてから、再度申込してみてください。