カードローンの審査時間を短くする3つのポイント

「緊急の出費でお金が必要になった」という方や、「カードローンに申し込みたいけど審査の時間って結構かかるもの?」と審査時間は誰もが気にするところですね。

この審査時間は短くすることが可能です。

さらに、最近では平均的なカードローン審査にかかる時間は1〜2時間程度と、その日のうちに終えることが可能になってきました。

とはいえ、企業によって異なりますので、多額の融資の審査や銀行カードローンなどでは2〜3営業日必要とするところもあります。

その様に多種多様な融資がある中で、大手のカードローンを選択することで、審査時間は短くすることが可能になっています。

さらに次のポイント3点を押さえておくことで、借入までにかかる時間を短くすることができますよ。

▼審査時間を短縮するポイント3点

1:必要書類を正確に準備する

2:記載ミスをなくす

3:借入希望額を少額にする

最近の審査時間が大幅に短くなっているのは、申し込み内容をデータとして自動処理できる様になったからです。

とはいえ、人の判断でしか決められない限度額の設定や、電話連絡の確認などにはまだ時間がかかります。

ということから、人の手による手続きの部分でスムーズに審査が終えられれば、審査も早く完了するということですね。

さらに言うと、審査申し込み数が少ない平日の午前中の時間帯などに申し込みをすることで、より時間を短くできますね。

▼借入までの時間は半日必要だと考えておくこと これから審査時間を短くする方法についてご紹介しますが、その前にみなさんに心得ていて欲しいのが「借入ができるまでの時間は、半日はかかるものだと思っておくこと」です。

ここでの内容もそうですが、一般的に多く見られる紹介記事は「審査完了時間」であり、「融資完了時間」の実際にお金を手にするまでの時間ではないからです。では、なぜ現金を手にするまでに時間がかかるのか。

それは、即日キャッシング可能な銀行振込でも、ATMの営業時間が関係し15時までに振込手続きを完了しなければなりません。

他にも、自動契約機でのカード受け取りにしたとしても、各自動契約機の営業時間内でしかカードを受け取れません。この様に、ご自身が融資を受けるためにかかる時間は、考えている以上に掛かることが多いので、「半日から1日は掛かるだろうな」と余裕を持って考えておく必要があります。

▼カードローンの審査時間を短縮するポイント3つの詳細をご紹介!

ここでは、前述した「審査完了までの時間を短縮するポイント3つ」について詳細をご紹介していきます。いずれも、わかりやすくすぐに行動に移せるものなので、ぜひ試してみてください。

1:必要書類を正確に準備する

審査時間を短くしたいなら、まずは「必要な書類を”正確に”準備する」ことが大切です。審査を実際に担当していた人曰く、簡単な様で意外にできない人が多いそうです。例えば、コピーや添付写真のボケがひどく内容が確認できない、運転免許証の“両面”コピーがない、有効期限が切れている健康保険証のコピーが届いた、パスポートのコピー部分が必要な部分と異なるなど、こういった事案は書類不備ということで、再度申し込みし直さなければなりません。また、女性の方でよくみられるのが、本人確認書類で顔写真の部分を隠してコピーをとっている場合です。これも本人確認書類として不十分となります。こうしたことがない様、「正確に」書類を用意しましょう。

2:記載ミスをなくす

続いて、審査時間が長くなる原因の一つが「記載ミス」です。これは、ネット上の申し込みなどで「半角英数字の入力ミス」や年収申告欄の数字を年収200万と書いたつもりが2000万になっていたなどです。人的ミスなのでそういったこともありますが、焦らずに確認をしていれば防げたミスですよね。

こうしたミスがあると、審査の時間も余計にかかってしまうので見直しをする様にしましょう。ただ長引くだけならまだいいのですが、本人の連絡先や勤務先などの電話連絡番号はミスなく正確に記載しましょう。これが間違っていると、虚偽の記載とされ審査自体に落ちてしまうことがあります。申告内容は正確に記載ミスなしを心がけましょうね。

3:借入希望額を少額にする

みなさん意外に思われるかもしれませんが、審査担当者曰く「借入限度額が高額だと審査にも時間がかかる」ということでした。いくら年収内の金額だとしても、目一杯の限度額よりも10万円や20万円などの少額融資の方が、判断できる時間も短くて済むそうです。審査の最終段階で担当者によって借入限度額が設定されるので、ここで高額の希望額を提示されると審査が慎重になり時間がかかる要因となってしまいます。すぐに必要がないのであれば、必要な最低限の額で希望を出し、後に増額申請をする様にしましょう。最近では大手カードローンであれば、いつでも申請が可能になっていますので、そういった計画性も大切ですね。

▼申し込みが殺到する時間帯は夕方!

早い審査を希望ならへ実の午前中が狙い目!

前述した3つのポイントをしっかり押さえておけば、カードローン審査にかかる時間はかなり短縮されます。

とはいえ、申し込む時間帯が混雑する時間帯に重なってしまえば、必然と審査にかかる時間もかかってしまいます。

例えば、土日祝日や連休前後、また夕方の時間帯も申し込みが殺到します。

この混雑状況を知っておくことで、審査にかかる時間も短くすることができます。一般的にカードローン審査が混雑するのは、土日祝日や夕方の時間帯、割と空いている時間帯は平日の午前中です。

とはいえ、かならずその平日の午前中に申し込まなければならないというわけではないですが、可能であればそこで申し込んだ方がご自身もゆとりを持って待つことができるでしょう。この様な審査は焦って手続きをすればするほど、ミスも増えますし、落ちついて正確に申し込みができるよう余裕を持つことも大切ですね。

▼即日融資を希望なら14時までの申し込みを目安にしましょう!

これまで「審査完了までの時間を短縮するポイント」についてご紹介してきましたが、最近の大手消費者金融などのカードローンはスピーディーさにも重きを置いているので、それほど心配することもないでしょう。

とはいえ、その日のうちに現金が必要だという方は、遅くても14時までに申し込みを完了させる様にしましょう。

それは、審査完了後の借入手続きで銀行振込のキャッシング利用であれば、ATM営業時間内の15時までに振込手続きを完了させなければなりません。

その時間も考えておかなければなりません。もし自動契約機でのキャッシング利用であれば、それほど気にする必要もありませんが、利用予定の自動契約機の営業時間は把握しておく様にしましょう。

その時間内にご自身で引き出しできなければ、どうしようもありません。銀行振込利用にしても、自動契約機利用にしても、営業時間をしっかりと把握し、その借入手続きにかかる時間も計算にいれ、余裕を持った申し込みを心がけましょう。