在籍確認なしカードローンを希望したら、その分審査が厳しくなる?

消費者金融でお金を借りる前に、なんとなくボンヤリと不安に思う事として、「在籍確認なしのカードローンを希望したら、その分だけ厳しく審査されてしまうのではないか?」というお問い合わせをたまに頂きます。

答えから言いますと、それは無いです!

厳密に言うならば、職場に電話しないだけで、在籍確認は必ず有りますので、審査自体は省略される事なく確実に行わているので、厳しくなるという事は有り得ません。

イメージ的には確かに勤務先への電話連絡なしでカードローンが出来るので、職場審査が簡易化された分、他の部分でのスコア審査の難易度が上がるのでは?と思いがちですが、上記の理由から全く大丈夫なんです。

借り入れ審査というのは色々な項目のスコア化がされており、どの部分でも一定の基準をクリアしていないと審査に通る事が出来ません。

逆に言えば会社に電話連絡による在籍確認をOKとした場合でも、他の信用調査でNGだった場合は当然審査には通りません。

カードローン審査の中で行われるステップでは在籍確認は一番最後に行われるものなので、つまりそれ以上にもっと重要視されるべき審査項目があっての事だという意味になります。

何かを理由に審査が甘くなったり、逆に厳しくなるという理由があるとすれば、審査が甘いケースの一例としては、勤続年数が長い事や借り入れ履歴が優秀である事等が条件に挙げられます。

厳しくなる条件では、過去の返済の遅延等や既に総量規制対象となる金額を借り入れしてしまってる場合等でしょう。

こういった点の方が在籍確認よりもよっぽど重要視されていますので、電話での在籍確認を回避したからといって気にする事は全くないのです。