在籍確認の電話が自分が不在だと審査はどうなる?

正社員の場合でも派遣の場合でも同じですが、カードローンの審査で在籍確認の電話の時に、自分が不在だったらどうなるのでしょうか?

自分が不在でも、勤務先の同僚が電話対応してくれて、席を外している、または休暇だということを伝えるだけで、在籍の確認が取れたということになり在籍確認の審査に通ったことになります!
不在であったからといって、それ以降、確認をするために再び勤務先に電話がくることもありません。

 

不在でも職場にいるどなたかが電話対応で申込みされた方の名前に反応すれば在籍確認はOKということになるので、そのまま即日カードローンもすぐに利用できる場合も多いです。

 

ですが、職場に誰もいない、もしくは誰も電話対応をしないという場合は、審査に通らないことになってしまいますので気をつけましょう。

 

会社の誰かが電話対応してくれて、申込者がその会社に在籍している証拠となるためには、自然に不在を証明してくれなければ成立しないので、会社の留守電の対応となると在籍確認の電話審査は無効になってしまいます。

 

派遣社員の場合はちょっと難しいかもしれません。

普段勤務しているのが、契約して在籍している派遣会社ではなく派遣先であることが大半なので、本人はほとんどの場合派遣会社にはいません。

 

契約している派遣会社を勤務先として申込みをしなければならないのですが、派遣会社にはほとんど行ったことがないということもあるかもしれません。

 

ですが、在籍確認の電話対応をしてもらうのは派遣会社しかないのです。例え毎日通勤していて、自分が電話対応もしていても、派遣先なので勤務先にするということはできません。

 

ですので、派遣会社にはあらかじめそういう電話が自分宛てにかかってくることを伝えておいたほうが問題ないでしょう。その際、消費者金融からの電話と言わずに、クレジットカード会社からの電話と伝えましょう。そのことは事前に消費者金融側にも伝えておきましょう。