消費者金融カードローンと銀行系カードローンの比較

カードローンと言えば、消費者金融系と銀行系。この2つはどちらが優れているのでしょうか?

今回は、消費者金融カードローンと銀行系カードローンを徹底比較してみました。果たしてどちらに軍配が上がるのでしょう?

 

■消費者金融と銀行系のメリット&デメリットを比較!

 

・消費者金融カードローンのメリット

  • 審査~融資までが早い
  • 審査が比較的やさしい
  • 即日融資が可能
  • 無利息期間などのサービスが充実している

 

・消費者金融カードローンのデメリット

  • 金利が高め
  • 総量規制がある
  • 周囲に知られたくない

 

消費者金融系の特徴はなんといっても審査~融資までのスピードです。大手なら、審査時間は最短30分で、即日融資はあたり前です。また、銀行系と比較すると審査がやさしめとなっています。無利息期間などのサービスが充実している点も魅力です。

 

・銀行系カードローンのメリット

  • 最大金利が低め
  • ATM手数料無料なカードがある
  • 大手銀行のカードローンなので安心
  • 郵便物も銀行からなので変に思われない

 

・銀行系カードローンのデメリット

  • 審査が厳しめ
  • 消費者金融系に比べると審査~融資まで時間がかかる

 

銀行系の特徴は最大金利が低いことです。消費者金融系の最大金利が18.0%で横並びなのに対し、銀行系は15.0%以下というカードが多くなっています。ただし、その分、審査は厳しめです。また、審査~融資までの時間も消費者金融系に一歩劣ります。

 

■消費者金融と銀行系。結局どっちが良いのか?

消費者金融と銀行系を比較すると、消費者金融系のほうがスピーディーで、審査に通りやすいというメリットがあります。一方、銀行系は低金利なのですが、その分、審査が厳しいです。

カードローンを利用するときは「急ぎで!」というような場合が多いかと思います。そうなると、スピードや審査の難易度が低い、消費者金融系のほうが優れていると言えるかと思います。