派遣でも住宅ローン審査に通るの?

派遣の方でもマンションや一戸建てなどを購入したいと考える方もおられるかと思います。

 

しかしながらやはり正社員と比べて派遣や契約社員などの場合は、期間を定められての雇用となるため、長期の返済を前提とする住宅ローンの審査は当然厳しくなります。

 

最初からある程度、頭金が用意できる場合は別ですが、派遣の場合はボーナスなどのまとまった収入もないので、高額な物件はまず無理と言えるでしょう。

 

まず、派遣が住宅ローン審査をする際に一番重要視すべき点は、現在の派遣会社での勤続年数になります。当然長ければ長いほど信頼度は増しますから、ある程度長く勤務してから購入を検討したほうが賢明でしょう。

 

また、比較的派遣でも希望が持てる住宅ローンとして、楽天銀行フラット35があります。

こちらには借り入れ希望金額や総返済負担率にもよるのですが、年収100万円程度でも組めるようになっています。

 

いずれにしても利息なども考え、無理がない物件探しをするのが非正規雇用者の住宅購入のコツになります。

 

定期貯金など上手にやりくりして老後も安心して暮らしていけるような人生設計をしたいものです。

お金借りる際、即日融資ができる金融でおすすめはどこ?

消費者金融を初めて使う人には、急にお金が必要になって慌てて申し込むという人が多いのではないでしょうか。
そのよう人に消費者金融の即日融資は非常に頼りがいのあるサービスだと言えます。
消費者金融の審査スピードは非常に速いため、申込をしたその日に審査をすることができます。WEB経由でも十分早いのですが、

事情が許せば無人機店舗でもいいので店舗で申し込みをすれば、ローンカードまで発行してくれます。
WEB申込の場合であっても、申込時間が早ければ、その日のうちに自分名義の銀行口座に振り込んでくれます。
大手消費者金融であるプロミスやアコムは、このようなサービスを確実にしてくれますから急いでいるときには安心できるでしょう。
とはいえ、消費者金融の利用を躊躇する人も多く、その理由として職場への在籍確認を挙げる人がいるようです。

職場への私用電話は嫌がられるものです。

最近の消費者金融はその点も配慮しており、プロミスのWEB完結という申込方法であれば、職場への在籍確認電話を省略することが可能です。
これは、健康保険証と直近の給与明細を提示することで、職場に在籍していることを確認しようというものです。もともと在籍確認の電話の目的は本当に働いているのかという確認ですから、それが確認できれば目的は達せられるのです。
アコムは特別にこのような申込方法を明示していません。
しかし、アコムでも申込確認の電話があった際に、職場の在籍確認を省略してほしいと依頼すれば対応してくれることが多いです。
このように職場への在籍確認を省略してもらったとしても、審査スピードが遅くなることはありません。職場への在籍確認を省略してもらって、かつ即日融資を受けることが可能なのです。