全国銀行個人信用情報センター、(略称JBA)ってご存知でしょうか。

JICC・CICと比べるとちょっと影の薄い全国銀行個人信用情報センター(JBA)ですが、JICCやJBAとはちょっと違った情報を持っています。

JBAである全国銀行個人信用情報センターについて解説します。

全国銀行個人信用情報センターで扱っているのは銀行が中心

全国銀行個人信用情報センター(略称JBA)は銀行が中心となって会員になっています。

つまり、記録されているローン情報も銀行が多くなります。

銀行のほかに、珍しいところでは奨学金のJASSOも会員です。

全国銀行個人信用情報センターをチェックしているのは?

キャッシングの審査は全ての信用情報機関をチェックしていると思っていませんか?

大手消費者金融はCICとJICCしか会員になっていません。

中小消費者金融はJICCしか会員になっていないところが多くなります。

つまり、消費者金融からのキャッシング審査では全国銀行個人信用情報センター(JBA)はチェックされません。

全国銀行個人信用情報センターの自己破産情報の保存期間

JBAいわゆる全国銀行個人信用情報センターの自己破産情報の保存期間は10年間です。

JICC・CICは5年間でちょっと違いがあります。

この違いと、前項のキャッシング業者は全国銀行個人信用情報センターであるJBAの情報を見ないを組み合わせると、自己破産をした人の抜け道が出て来ます。

自己破産をした場合、銀行カードローンは全国銀行個人信用情報センターを審査でチェックする為10年間は通りませんが、消費者金融には5年間で通る事が出来るわけです。

全国銀行個人信用情報センターはキャッシング審査ではあまり使われませんが、

結構大きな情報が載っていたりします。

開示請求をする場合は全国銀行個人信用情報センターであるJBAも開示するようにしましょう。