カードローンを利用する際、しっかりと返済を行っていれば代位弁済といったことはありません。

ですが、もし滞納してしまった場合などは代位弁済が発生します。

そもそもほとんどの消費者金融のカードローンは「無担保無保証」というのが一つの売りですが、これは保証会社と呼ばれる会社が手数料を取り保証任の代わりになるためです。

この手数料は基本的に金利に含まれているので意識することはありませんが、カードローンの商品説明を読めば保証会社についての旨が記載されており、どこの企業に依頼するかが書かれています。

契約後、通常通りに返済を行い完済することができれば保証会社がでることはありませんが、仮に一定期間以上滞納してしまった場合、貸付けた企業は保証人、つまり保証会社に対して請求を行います。

そして返済が行われますが、これを代位弁済と呼びます。

代位弁済が行われた場合、企業との契約は終了し次からは保証会社に対して返済を行うことになります。

この返済は一般的に一括での返済を請求されることが多いのですが、実際問題として返済ができないので滞納することになるということで、話し合いによって一定額の分割に応じるということが多いようです。

もし代位弁済が行われる場合は、その旨の書類が届くので書類が届いたら一度企業側に相談してみましょう。

もちろん「滞納をしない」ということが一番大切なので、カードローンを利用する際は代位弁済が発生しないように計画的な借り入れと返済を行いましょう。