カードローンの返済を終えたら、カードを解約すべきかそのままにすべきか迷う所かと思います。

返済し終わって、しばらくの間はお金に困らないとなった場合、契約しているカードを持っていることでのメリットデメリットがどうなのか心配になるかもしれません。

カードローンの返済後のカードを解約すべきか否かについて解説します。

大きなローンを組む予定が無いならそのまま

近々住宅ローンや教育ローンなどの大きなローンを組む予定はあるのでしょうか。

もしないのであったら、カードローンの解約は必要ないと思われます。

大きなローンを組む予定があるのであれば、カードローンだけでなく余分なクレジットカードと共に整理しておけば審査で有利に進む可能性があるでしょう。

浪費癖があるなら解約

中にはやっとの思いで返済を終えた人もいると思います。

自身に浪費癖があると感じているなら、カードローンの解約することによって浪費癖を止める事が出来ます。

カードローンを解約しないでそのままにしておくと、また借りてしまうと感じている人はカードローンを解約して再び借りないようにしたほうが後々の為です。

解約しても再度作れる

カードローンを解約すると、一旦カードは破棄されてしまいますが、審査に通ったという実績がありますので再度申し込んだ場合は再度カードローン審査に通る可能性は高くなります。

もちろん、その場合にはそれまでの返済状況が重要になってきます。少しでも返済が遅れたというような事が無ければ問題ありません。遅延をしてしまい担当の方から催促の連絡があったという過去があれば再審査は以前よりも厳しくなる可能性は大きいです。

そのような問題がなければ心配する必要はありませんので、思い切って解約してもいいでしょう。

カードローンの返済後は、それぞれの状況に合わせて解約を行ってください。