消費者金融を利用しようと考えてよく見てみると、

【キャッシング】と【カードローン】の2つの文字を目にすることがあるかと思います。

では、その「キャッシング」と「カードローン」の違いは何でしょうか?

 

その違いとは【返済方法】なんです。

 

キャッシングの返済方法というのは「一括」で返す方法になります。1ヶ月以内に返済すれば良いので、例えば次の給料日に収入があればそれで返済できるというもの。一括での返済なので当然給料の金額より少なくないといけません。ですので、必然的に借りれる額は少額になってきます。

 

一方でカードローンの返済方法というのは、分割やリボ払いでの返済となります。毎月の支払い額や返済期間はご自身で選択可能です。多く借りても少なく借りても分割は可能です。1,000円からでも返せるという消費者金融もあります。ただ、利息がつきますのでバランスよく借りる必要があります。

 

総量規制の年収の3分の1以内の範囲であれば、高額でも借り入れが可能です。分割ができるからといって返済期間をできるだけ長くすれば、確かに月々の負担は減ります。ですが、利息は高くついてしまいます。逆に早く返したいからという理由から月々の支払額を多くしてしまうと、支払いが遅れたり、払えない月がでてきたりします。そうならないようにバランスを取って利用するのが良いでしょう。

 

それぞれ消費者金融の公式ホームページでは「返済シミュレーション」というサービスを行っています。分割のイメージが湧かないという方、月々いくらずつ返済すれば、どれくらいの期間で完済できるのかというのを自動で計算してくれるので、返済方法を迷っているという方は是非活用してみてください。

 

特に、利息に関してはあまり考えていないという方も少なくありません。月々の返済額を少なくすると、返済期間がとても長くなります。そうなると長い間お金を借りているということになってしまうので、利息も多くついてしまいます。いつまで経っても返済できない、という恐ろしいことになります。逆に早く返済するために月々の返済額を多く設定すると月毎に負担になり返済が遅れてしまったり、返済できない月が出てきます。

 

返済が滞ることだけは避けなければなりません。消費者金融を利用する上で最も気をつけなければならないのが返済の遅れです。何度も遅れてしまうと信用情報機関に履歴が残ってしまい、今後の利用に影響が残ります。そうならないようにバランスを取るよう気をつけましょう。