カードローンの返済が遅れた場合、借り入れ限度額の枠が減らされたりするのでしょうか。

気になる返済遅れが借り入れ限度額に及ぼす影響について解説します。

返済が遅れた期間による

カードローンの返済が遅れるといっても、1日であったり直ぐに連絡していたりする場合は借り入れ限度額を減らすなどの措置を受ける事は余りありません。

人間誰でもミスはつきものですから、1回の失念で大事にはしない様に、殆どのカードローンで配慮してくれます。

ただし、何回も延滞を続けていたり、長い期間延滞を続けていたりしたなど利用実態が極めて悪いと、カードローン側もペナルティーなどの措置として借入限度額の枠を減らす措置を行う事があります。

どの位延滞したらやばい?

延滞の期間は61日程度から雲泥の差になっていきます。

延滞期間が61日以上になると、信用情報機関に金融事故として届け出る事になります。

当然枠の減少も行われますし、減少どころか下手すると枠はゼロになり、今後の貸付を完全に制限される事もあります。

短い延滞ならいいのかというと、そういう訳ではなくカードローン会社のさじ加減で金融事故と同じ扱いをされる事があります。

延滞は短期間でも行わない方がいいでしょう。

長期延滞は枠が減らされる以上の措置が

銀行カードローンの場合、保証会社と契約を行い、あなたは債務の保証を受けています。

長期延滞を続け、金融事故として記録されるとあなたの債務は焦げ付いたとみなされ、あなたの債務は保証会社から銀行に移ります。

今後は保証会社に借入額を返していかなければいけなくなり、当然金利も期限も一から話し合いで決めなければいけません。

この状態になると他の借り入れ先も契約更新を行わなくなり、一気に多重債務者の仲間入りをしてしまいます。

延滞は限度額が少なくなるだけと思わない方がいいでしょう。

意図せず延滞をしてしまった場合は、直ぐに銀行カードローン業者に連絡をする様にしてください。

それだけで限度額を減らされる危険性を回避できる事があります。

延滞を行うと信用力に傷が付きますので、延滞は行わないように常日頃から気を付けるようにして下さい。