カードローンに変動金利と固定金利があるのはご存知ですか。

変動金利は何となく住宅ローンのイメージですが、一部銀行カードローンにもこの制度を利用している所があります。

変動金利と固定金利の違いについて解説します。

固定金利は固定されている

例えば固定金利18%で借りた場合、期間中の金利に変更はありません。

毎月18%の金利が発生し、元本と一緒に返済していくのが固定金利の返済方法になります。

金利が動きませんので、月々のコストも一定です。

変動金利は金利が動く

変動金利の場合、金利が動きます。

何をみて動くのかと言うと、短期プライムレート連動長期貸出標準金利を基準金利として判断する事が多いようです。

金利が変わる事がありますので、月々のコストは一定にはなりません。

基準金利が高騰したりすると、当然金利も高く見直されます。

基本的に変動金利も動かない

変動金利が一気に高騰したらどうしようと感じるかもしれませんが、基本的には長期にわたるデフレと金融緩和の影響を受け、基準金利が高騰したケースはありません。

変動金利もそれに合わせて安定的ですので、固定金利に近いようになっています。

カードローンを選ぶとき、変動金利か固定金利かを良く判断するといいでしょう。

基本的には同じ金利なら固定金利にしておいた方がお得です。

判断の材料にしてください。