カードローンは借り増し(追加融資を受ける)という言葉はあまり使いません。

というのもカードローンは限度額内で自由に借り入れと返済を行えるサービスなので、追加融資を受けるというのも枠内であれば自由であるためです。

ですからここでは「枠内での追加融資」と「枠の増額」の二つを解説します。

まず枠内での追加融資ですが、これは借入額を減らす(返済する)ことで追加で融資を受けることができます。

これについては審査の際に決められた限度額ないであれば基本自由であり、返済して借入額を減らせばその分追加で融資を受ける事ができます。

ただほかの借金については減らしたからといってすぐに借り増しできるわけではありません。

次に枠の増額についてですが、こちらは追加で審査を受ける事で増額できる可能性があります。

増額の申請を行うと再度審査が行われるのですが、その際に他社からの借入額も確認されるので増額することができる可能性がでてきます。

ただしあくまでも可能性であり、現在の返済状況に問題があったりそのほかの収入や職業などから増額はできないと判断され増額が断られる場合もありますし、同様の履歴で増額ではなく契約停止となる可能性もあります。

ただ借入額を減らすこと自体はマイナス要素にはならないので、増額申請をしたい場合はできる限り借入額を減らしたうえで申し込みを行うことをお勧めします。