金利と審査の関係性について興味ありませんか?

一般的には高金利なほど審査が甘いカードローンのような気がします。

金利と審査の関係性について解説します。

高金利ほど審査が甘くなるは正解

銀行カードローンを例に考えてみましょう。

銀行カードローンは銀行の他に保証会社の審査に通らなければいけません。

高金利のカードローンの方が銀行の実入りが多くなりますので、その分保証会社に支払う保証料も増やせます。

保証料が高ければ、保証会社は貸し倒れ率を許容できますので審査は甘くなります。

消費者金融と銀行でも審査はちがう

一般的に消費者金融は利息制限法の上限金利に近く、高金利です。

銀行カードローンと比べると、銀行の方が金利は低くなりますが、その分審査は厳しくなります。

消費者金融と銀行カードローンでも、金利と審査の関係はあるでしょう。

自分のレベルに合った審査に申し込む

お金を借りるときは、1%でもコストを節約したいので、低金利のカードローンに申し込みがちです。

借入先が複数社ある人が、低金利のカードローンに申し込んでも審査には通りません。

金利と審査の関係性を掴んで、自分のレベルに合ったローンに申し込みましょう。

カードローン審査で、金利と審査の通りやすさの関係性は実在するようです。

カードローンの審査を受けるときに是非ご参考に!