水商売の人はカードローン審査に通らないと良く聞きますが、何故水商売の人はカードローン審査に通らないのでしょうか。

審査で起こる水商売の影響について解説します。

水商売が審査に通らない理由1  収入が不安定

水商売は世間的には収入が高い部類に入りますが、歩合制による部分が多く収入が安定していないと思われています。

直ぐに辞めるのも水商売の特徴で、住所不定等の所在がわからなくなる事が多いのも嫌がられる理由です。

申し込みの時だけ身元がはっきりわかっていても、利用しているうちに職を転々と変えられてしまうと、返済が遅れても連絡が取れなくなることになるので、できれば避けたいところです。

水商売が審査に通らない理由2  いい加減な人間と捉えられている

水商売に勤めていると、どうしてもいい加減な人間であるといった印象があるという見方をする方もいるようです。

ですが実際のところ、過去のデータから見ても、水商売の人と公務員の人では貸し倒れ率、延滞する率が何十倍も違うのです。

水商売で働いているからといって、貸し出す金利を上げることもて出来ませんから、必然的に水商売の人は審査に通過しなくなります。

水商売だから一律審査落ちするわけではない

職業が水商売だと審査通過は厳しいものになりますが、一律全ての人が審査落ちするわけではありません。

水商売でも他にアルバイトをしている人は審査通過をする可能性が高まります。

中小消費者金融の一部は、顧客基盤の薄さから水商売で働く人にも積極的な融資を行なったりもします。

水商売の人の審査通過は極めて厳しくなりそうです。

審査が優しい消費者金融を探す等、色々な工夫を行なって審査通過を成し遂げてください。