カードローンを複数枚持っている人は、住宅ローンなどの他のローンに影響アリといった話しを聞いたことはないでしょうか。

気がついたら1枚だけでなく何枚かのカードローンを利用しているという方は少なくありません。

カードローンを複数枚持つことの影響について解説します。

基本的には大なり小なり影響アリ

カードローンの持ちすぎは住宅ローンなどのその他ローン審査に大なり小なり影響アリです。

カードローンを作っている場合は与信を設定します。

与信はカードローンを作っている時点で発生しますので、実際に借りていなくても関係はありません。

カードローンを複数枚持っていて、与信を500万円持っている人は使っていなくても500万円借りているのと同じ様にみなされますので、その他ローンの審査において悪影響を及ぼします。

影響アリなので持ちすぎて使わないカードローンは解約した方がいい

カードローンは使っていなくても与信としてカウントされるため、マイナスになる事はあってもプラスには決してなりません。

使わないカードローンは影響が出るといけないので、全て解約をするといいでしょう。

住宅ローンなどその他のローンに通った後、改めて必要になったらカードローンを作ればいいのです。

使わないカードローンは何かの機会の時に全て解約するといいでしょう。

与信も軽くなりますし、お財布も整理されます。

再び使うかも知れないと名残惜しく思うかも知れませんが、人生を左右する様な大切なローン審査に通らない方が影響が出てくる方が問題です。

是非整理を兼ねて、使わないカードローンは解約して影響がない様にして下さい。