30日間無利息(金利0円)といっても、金利が高くなるとあまり得しないのではないかなと思っていませんか。

金利ゼロ円になる30日間無利息サービスのカードローンはとても得です。

30日間無利息サービスのカードローンがどのくらい得をするのか、解説します。

30日間無利息(金利0円)で1年間借りた場合を比較

比較対象として、100万円を金利15%で6月間 元利均等返済方式で借りた場合と、金利18% で5か月 元利均等返済方式で借りた場合で比較してみましょう。

金利15%の場合は、総支払額は約104.4万円になります。

金利18%の場合は、総支払額は約104.5万円です。

金利15%と18%で金利の差はあるものの、30日間無利息(金利0円)サービスがついていることにより総支払額は殆ど変らなくなる計算になります。

短期間になるほど30日間無利息(金利0円)はお得

初めて借入をする人は大体、『来月の給料日、ボーナス支給日には返せる』といった計算がたっている人が多いと思われます。

仮に2か月間で返せる見通しが立っていた場合、金利18%だったとしても実際に金利が発生するのは1か月とちょっとになる訳ですから、実質的な金利は半分とみなすことが出来ます。

金利が安い銀行カードローンを探すよりも、30日間無利息(金利0円)のサービスを行っているキャッシングに申し込んだ方が得になる訳です。

30日間無利息(金利0円)は短期間で返せる場合、かなりお得になると言えるでしょう。

来月には返せる、半月以内に返せると言った場合にはお得な30日間無利息(金利0円)を利用してみてください。

アコムでは無利息で借りれるのは初回の借り入れ時のみ、プロミスの場合はポイントを貯めれば何度でも無利息で借りれるといった具合に金融によって多少の違いがあるので、よくチェックしてみてください。