日本では平成28年1月よりマイナンバー制度が始まりました。

既に取得しているという方は多いでしょうが、そんな時に気になるのがカードローンやキャッシングがバレないかです。

そこで不安に感じている方にバレるのかバレないのか説明していきます。

借入の情報は紐付されていない

国民1人1人に特定の番号を付けるのがマイナンバー制度です。

住所や氏名、生年月日、収入、年金など様々な情報が紐付されています。

しかし借入の情報まで紐付されていないため、カードローンやキャッシングの利用でもマイナンバー制度によってバレるという心配は殆どありません。

会社にマイナンバーを知らせる事が必要になっても大丈夫です。

家族にも自分から言わなければ知られる心配はありません。

個人番号カードは本人確認書類に使える?

カードローンやキャッシングに申込みする時に必要なのが本人確認書類です。

運転免許証やパスポート、健康保険証などがあります。

中には個人番号カードでも本人確認書類として使えるカードローンやキャッシングがあります。

しかし運転免許証を持っている方であれば、わざわざ個人番号カードを選ぶ必要はありません。

マイナンバーは使えないカードローンやキャッシングもありますので注意して下さい。

まとめ

ここまでカードローンやキャッシングの利用でもバレない事を説明してきました。

ただし返済を何か月も滞納すると電話や郵便物による催促から家族にバレる恐れがあります。

給与差し押さえとなると会社に知られてしまうため、返済は毎月きちんと行って下さい。

逆に言えば、返済の遅延がない限りは周囲にバレてしまう可能性はまずあり得ませんのでご安心ください。