ネットなら申し込みの前に受けられるサービス

スマホやパソコンでインターネットをご利用なら、カードローン・キャッシング申し込みの前に受けられるサービスがあります。

借り入れ申し込みに対して少し不安を抱いている方、もしくは申し込みをする前にもう少し詳しく知っておきたいという方など。

そんな方に是非利用していただきたいサービスがふたつあります。

そのひとつ、申し込みの前に、簡易審査で借りれるかどうかの診断をしてもらえるサービスです。

【年齢】【年収】【他社からの借り入れ総額】のたった3項目に答えるだけで、借りれるかどうかの診断をしてくれます。

もちろん、本審査とは違うものなので、この診断だけではすぐにお金を借りれるというわけではありません。

この3項目はどれも個人を特定できる情報が含まれていないのが特徴です。個人情報を教えないで診断ができるの事を不思議に思うかもしれません。もちろん自己申告ですから正直に答えない限り、適切な診断結果は得られませんが、この3項目の重要性は認識できるのではないでしょうか。

個人情報が必要ないので嘘を答えても問題はありません。問題ないというのは、この診断結果でお金が借りれるわけではないからです。しかも何度でも診断できるので、試しの数字入力をしても問題無いわけです。

【年齢】【年収】【他社からの借り入れ総額】のどれを、その数値で入力するかで診断結果がでますが、結果がよくなかった場合はどの数値を変えれば良い結果になるのかを知るためにも良いでしょう。

本申し込みは何度もできるものではありません。いくつかの消費者金融の申し込みを同時期に行うと「信用情報機関」に多重申し込みの履歴が残ってしまうのでオススメはできませんが、この個人情報を伝えない診断なら何回でも大丈夫なんです。

しかし、この診断をクリアできれば、審査のほぼ半分は通過したと考えてもよいかもしれません。この3項目は審査においてどれくらい重要かを紹介します。

【年齢】

消費者金融を利用するには年齢制限があります。20歳以上69歳以下となっているので、未成年の方は利用できません。例え働いていても未成年という事だとお借入れはできなんです。

【年収】

診断においては直接は関係ありませんが、次の他社からの借入れ総額との兼ね合いで診断結果に大きく左右されます。年収が少ないからといって借り入れができないという事は決してありません。安定した収入があれば年収がいくらでも借入れは可能です。

【他社からの借り入れ総額】

消費者金融や他からのキャッシングが全くなければ、こちらの項目は「0」と答えれば大丈夫です。ですが、他の消費者金融、またはクレジットカードのキャッシング枠などからの借り入れがあった場合は、正直に入力しましょう。

ここで重要なのが、年収との関連している総量規制です。総量規制により、年収の3分の1までしか借入れができないという法律があります。ですので、他社からの借り入れがゼロ円なら、年収の3分の1まで借りれるので問題ありませんが、もし、他社での借入額が年収の3分の1を超える金額であれば、この時点で借入れはできないという診断結果がでます。