『カードローン・キャッシングの利用履歴が就活に影響する』という漫画の描写がたまにあります。

就活中の学生の中には、カードローンやキャッシングを利用していて不安に感じる人もいるでしょう。

カードローン及びキャッシングの利用履歴が就活に影響するか解説します。

普通の会社ではもちろん影響しない

カードローン・キャッシングの利用履歴を見るためには、信用情報機関に照会しなければいけません。

この信用情報機関への照会は、金融機関以外は見る事が出来ません。

つまり金融機関以外の普通の会社はそもそもカードローンやキャッシング利用履歴を見ることなんてできないわけです。

たとえ金融機関でも影響しない

昔の漫画に「就職する金融機関が、内定者の信用情報を見る」という描写があります。

現在ではこの様な事は考えられません。

信用情報機関に照会をした時、信用情報機関に照会したログが残ります。

そのため、信用情報機関に個人情報を照会する時は、必ず本人の許可を取っていることと、適切な理由がある事がなければ照会できません。

もし自分が借りている会社だと影響するかも?

これは万が一の確率かもしれませんが、就活で借りている会社に内定がもらえそうな場合、金融機関は社内データとあなたのデータを照合するかもしれません。

その場合、就活に影響してくる可能性は多少はあるかもしれません。

ただし、自分の借入先に就職するなんて人は珍しいですし、全ての金融機関が実施するとは限りませんので、あまり気にする必要はなさそうです。

金融機関の関係企業はたくさんあります。関係しているが故に、場合によっては消費者金融を実際に体験するためにカードローンを利用するといった話もあります。

とはいえ、就活中のカードローン&キャッシング利用履歴はそのままにしていても、バレる事はまずありません。

安心して思いっきり就活を行ってください。