『カードローン返済を遅延して消費者金融から電話がかかってきた、でも返すアテがないから電話を催促無視している』こんな事はありませんか。

返済遅延で電話を催促無視する事はもっともやってはいけない事なのです。

カードローン返済遅延で催促電話を無視したらどうなるかについて解説します。

催促電話を無視したら、督促状に移行する

催促電話が繋がらないと、消費者金融は督促状を送ってきます。

何月何日までに返済しなさいというものです。

督促状すら無視すると、次のステージに移ります。

催促電話は鳴り続き、返済の一括請求に移られる

催促電話の後は返済の一括請求に移る事があります。

『あれ、滞納している返済額を返済すればいいんじゃないの』と思うかもしれません。

カードローンの契約は、少しでも返済に遅れると契約解除ができる条項が存在します。

通常返済遅延からの一括請求は2ヶ月間程度の時間を置きますが、催促電話を無視している人には消費者金融も優しくありません。

催促電話は無視しない事

一括請求を無視していると、今度は裁判に移られたりします。

それでなくても返済遅延を起こしている事実は信用情報機関に記録され、ブラックリスト入りしていますので、全てのカードの更新が止まります。

催促電話をキチンととり、いつまでに解消できますと真摯にお願いすれば契約解除を待ってくれる事もあります。

催促電話はあまり出たくないかもしれませんが、キチンと出てください。

催促電話を無視すると、多重債務者になってしまい、全ての契約がストップしてしまいます。

まずは催促電話にキチンと出て、謝罪をするようにしましょう。