カードローンの毎月の最低返済額を決める時、高くするか低くするか迷うところだと思います。

高くした方がお得になるか、検証します。

最低返済額を高く設定した方が早く返済が終わる

最低返済額を高く設定すれば、月々の元本返済額は増えますので、結果的に完済までの期間は短くなります。

最低返済額を低く設定してしまいますと、繰り上げ返済を行わない限りは返済期間が長期化してしまい、結果的に支払金利は多くなってしまいます。

最低返済額を高く設定したほうが支払金利の面ではお得と言えるでしょう。

最低返済額を高く設定しすぎると、自由度が低くなる。

最低返済額を高く設定しすぎると、月々の生活がカツカツになり自由度が低くなります。

どうしても足りなくなって、また借りてしまうような借金癖が付くこともあるでしょう。

最初に無理しない返済計画をシミュレーションして、その金額を最低返済額として設定すると上手く返済を行う事が出来ます。

最低返済額の設定が出来ない場合は繰り上げ返済

最低返済額の設定が出来ないときは繰り上げ返済を行うようにしましょう。

月々、どのくらいは繰り上げ返済を行うと決めておき、毎月決まった日に繰り上げ返済を行うようにして下さい。

完済までの期間も短縮され、総支払利息も節約が可能です。できるだけ早く完済することで金利は低く抑えられます。

最近は最低返済額が低すぎるカードローンが増えています。設定を無理ない範囲で上げ、早めの完済を目指してください。