カードローンの最低返済額は2000円からでOKという話を聞きます。

2000円からなら毎月無理することなく、返済することが可能ですね。

カードローンの最低返済額が2000円からでOKかについて解説します。

カードローンの最低返済額とは

カードローンの最低返済額とは、その月払うべき最低限の返済額になります。

カードローンはリボリビンク支払方式といって、最低の支払額は低く設定されており、余裕がある時に繰り上げ返済を行う方式です。

カードローンの最低返済額は借入後残高の1.5%〜3.5%

カードローンの最低返済額は業者によって仕組みが違います。

消費者金融のアコム、プロミスが採用しているのは借入後残高の1.5%〜3.5%位になる仕組みです。

100万円を借りたら1.5%のステージが適用され、最低返済額は1.5万円になるといった方式です。

カードローンの最低返済額は2000円からでOKということは無い

最低返済額は借入残高のパーセンテージで適用されます。

2000円からということは、相当借入残高が少ないということになるわけです。

発生する金利以上は必ず貰わないといけない仕組みになっていますので、誰でも2000円からでOKというわけではありません。

カードローンの最低返済額が2000円からでOKになるのは、時と場合によるようです。

よっぽど借入金額が少なければ2000円でもOKになるでしょう。

2000円だけ返済すればいいわけでは無いので、ルールをキチンと理解して利用して下さい。