カードローンは「スコアリング」が審査割合の9割を占めると言われています。

何故「スコアリング」が重要視されるのでしょうか。

「スコアリング」の評価基準と手法を合わせて解説します。

何故「スコアリング」が重要視されるのか?

「スコアリング」が重要視される理由は、今は全ての金融機関が人を見て審査しなくなったからです。

「スコアリング」審査は自身の状況を点数化する手法ですが、この手法は効率的で正確な評価基準となります。

「スコアリング」には感情が入らず、淡々と貸し倒れ率が高くなるか低くなるかで決めますので、ブレが少なくなる為重要視されるのです。

「スコアリング」の評価基準は?

多くの企業が「スコアリング」を導入していますが、評価基準は似通っています。

コアな情報は、

年収
勤務先
雇用形態
勤続年数
居住年数
借入先件数
借入総額
持ち家の有無
扶養家族

です。

これらを1つ1つ点数化し、全体の総得点を決定するのが「スコアリング」の評価基準になります

「スコアリング」をあげる手法とは?

「スコアリング」をあげなければ審査に通りません。

かといって、スコアリングをあげるために年収を増やすなんて難しいでしょう。

比較的簡単にスコアリングをあげる手法の1つに、『借入先件数を減らす』というのがあります。

借入先件数は借入枠に余裕があるところから借りて、借入残高の少ないところを完済するなどすれば減らせます。

これだけで「スコアリング」は上がりますので、利用してみるといいでしょう。

「スコアリング」審査に通らなければ融資は必ずされません。

「スコアリング」の審査基準をよく理解して、改善をしてください。