カードローンの審査を受ける時、会社の信用度も審査対象になると知っていますか。

カードローン審査における会社信用度について解説します。

安定感のある会社が有利

会社信用度はスコアリング審査において重要視されます。

資本金が大きい、従業員が多い等でより信用度は高くなります。

一番高いのは国家公務員ですが、上場企業の正社員も安定性は高いとみなされ信用度は高くなります。

このファクターは年収より大きく採点されていますので、年収の高い自営業者より、年収の低い安定企業の正社員の方が信用度は高く、スコアリング点数が高くなる事があります。

小さな会社だから審査に通らないという事は無い

スコアリング審査は多方面から審査を行います。

雇用体系は非正規社員と比較すると正社員の方がやはり高くなります。

持ち家の有無や、勤続年数の長短でも審査ポイントは大きく変わります。

勤続年数が10年以上になればとても信用度は高いと評価され、正社員や持ち家であれば更にスコアリング点数は高く評価されます。

小さな会社に勤めていて、信用度低いから駄目だと諦める必要はないでしょう。

審査で会社の信用度は年収よりも評価が高くなる事があります。

大手に勤めている人が有利なのは確かですがトータルで評価されますので、総合点を高くするように常日頃から努力を続けましょう。