カードローンやキャッシングの滞納が新規の審査においてマイナス要素になるという話。

実際には広く知られている話ですしイメージがしやすいのですが、携帯電話料金の分割払いの滞納カードローンやキャッシング審査においてマイナス要素となるというのはあまり知られていません。

そもそもカードローン審査において滞納が問題視されるというのは、審査の際に信用情報を確認するためです。

信用情報とは金融関係の履歴について客観的な事実を集めた情報のことであり、信用情報機関が所属している複数の金融機関から情報を集めて管理、そして審査の際に提供して金融機関は信用情報を利用しています。

この信用情報に滞納や未納の履歴は書かれるのですが、信用情報を利用しているのは金融機関以外にも携帯電話の月賦払いや奨学金の支払いなどにおいても利用され、滞納の事実が記載されるようになっています。

ですから携帯電話料金の月賦払いの滞納は信用情報に滞納の事実が記載され、キャッシング審査においてマイナス要素となってしまうのです。

携帯電話の月賦払いもりっばなローンの一種であり、滞納などを起こすと問題になるのですが金利などを支払うわけではなく実質0円という
商法が長く続いていたのでカードローンなどと比べて滞納に対する嫌悪感が少ない方が結構います。

信用情報は幅広い場面で使われるようになっているので、ローン以外でも滞納や未納などは行わないようにしましょう。