カードローン審査を申し込んだけど、金繰りがついて借りなくても良くなったという事はあるかと思います。

そんな時はカードローン審査を途中でキャンセルしなければいけません。

カードローン審査を申し込み途中でキャンセルする方法について解説します。

すぐにコールセンターに電話する

カードローン審査を途中でキャンセルしたい時は、すぐにコールセンターに電話をして下さい。

最近のカードローンは審査時間がスピードアップしており、早くしないと審査が全て終了してしまいます。

カードローンが必要なくなったと思ったら、直ぐにコールセンターに電話してその旨を話しましょう。

審査の進み具合によってはキャンセルできない

カードローン審査は、最後の方で信用情報機関にあなたの信用情報を照会します。

信用情報機関への照会はみだりに行ってはいけないルールになっているため、信用情報機関への照会が終わっているとキャンセルを受け付けてくれない事があります。

キャンセルできない場合は解約を

キャンセルができない場合は解約の手続きを行なって下さい。

そのままにしておくと、限度額が設定されたままになり、他のローン審査の際にマイナスの影響を与えます。

コールセンターに電話して解約の手続きをとりましょう。

カードローン審査のキャンセルは時間との勝負です。

必要なくなったとわかった時点で直ぐに連絡をするようにして下さい。