カードローンで行われる審査の中でも特に重要なのが在籍確認であり、主に勤務先へ電話がかかってくる審査になりますが、カードローンを申し込む方の多くが気になっているのが、在籍確認のタイミングではないでしょうか。

同僚や上司に知られずにカードローンの申込みを無事に完了を希望するのであれば、前もって準備と対策をしておくのが良いでしょう。

目次

・カードローンの在籍確認では何が行われる?

・カードローン在籍確認での具体的な流れとは?

・カードローンの在籍確認はどのタイミングで行われる?

・カードローンの在籍確認で本人不在の場合は?

・カードローンの在籍確認審査は避けて通れる?

 

・カードローンの在籍確認では何が行われる?

カードローンの申込みにはいくつかの審査がありますが、その中でも重要とされる在籍確認とはどんな審査なんでしょうか。

在籍、とは勤務先に籍が在るを意味しますが、それを確認する審査ですから、申込みの際に自己申告した勤務先情報が間違っていないかを確かめるために、直接電話で行うものです。在籍を確かめる方法はいくつかあります。しかし、最も確実で手っ取り早い方法として、電話で確かめるのが主流となっています。

申し込みをされた本人が、今現在、働いている会社から毎月給与が振り込まれて、安定した収入を得ているかが審査の最も重要なポイントになりますので、在籍確認はとても大事なんです。

残念な事ですが、以前は虚偽の申告も多かったようです。無職では申し込みさえできません。または退職したばかりの方でお金に困った方が書類だけで申し込みを考えているかもしれません。申し込みされた方の申請だけをそのまま信じる事はできないので、チェックは必ず行うと決まっているのです。

在籍確認の審査は、消費者金融だけでなく、銀行ローンやクレジットカード会社なども行っています。

・在籍確認で行われる電話チェックの具体的な流れとは?

カードローンの在籍確認で行われる方法としては電話での確認が主流ですが、では具体的にはどのような流れで行われるのでしょうか。

最初の申し込みの際に入力した勤務先の情報は審査ですべて確かめられます。その中の勤務先の電話番号は、登録されている番号を調べればその会社が存在している事は間違いなくわかります。そして申し込みされる方がその会社に在籍しているかを電話で確かめていきます。

ポイント!カードローン会社からかかってくる在籍確認の電話は、消費者金融の場合はその会社名を名乗ってかけてくる事はありません。担当者の個人名でかけてきます。

これは、お客様の守秘義務として、周囲にバレないように配慮するためで、担当者が自分の名前でかけてきます。

銀行やクレジットカード会社では、電話で会社名を名乗っても問題ない事が多いので、銀行名やクレジットカード会社を名乗ってかけてくる事がほとんどのようです。

・個人名という事なので、例えば担当者名が山田であれば、「山田と申しますが、、、」とかけてくる事になります。ほとんどの職場では、そのように電話がかかってくるのは普通の事なので、周囲に怪しいと疑われる事はありません。

・それでも、周囲にバレてしまう事に不安を感じている方は、あらかじめ担当者に個人名でかけてくるかどうかを確かめておくのもありでしょう。

・カードローンの在籍確認はどのタイミングで行われる?

カードローンの在籍確認が行われるタイミングはいつなのでしょうか?

それは審査の終盤です。ではそれまでにどのような審査が行われるのか流れを紹介します。

① 第一の審査:信用情報
② 第二の審査:スコアリング
③ 第三の審査:在籍確認

ほとんどの場合、このような流れで行われます。もちろん内容によっては前後する場合もあります。ただ、どれかひとつが端折られる事はありません。どれも必ず行われるものです。

第一の審査:信用情報

申し込みをされた直後から行われるのが信用情報の審査です。個人情報を元に、個人の過去・現在の金融機関の利用状況を確かめるものです。クレジットヒストリー、いわゆるクレヒスと呼ばれるものですが、個人のカードローンなどの過去や現在の利用履歴を保管している信用情報機関への照会が行われます。

ここでのチェックで調べるのは、過去の「滞納」や「未納」そして金融事故と言われる「多重債務」「自己破産」などの記録です。このような記録が残っていた場合は、カードローン会社側は契約したくない相手として、審査を通過するのはとても厳しくなります。

また現在、どの金融業者に、借入残高がどれくらい残っているかも調べることができます。これは総量規制として、すでに他者での借り入れがあったとしても、新規契約できる可能性はあります。また、直近で他の金融業者にいくつか申し込みをしているかもチェックされます。これは「申し込みブラック」と言われ、審査に不利な場合もあります。

第二の審査:スコアリング

次に行われるのがコンピュータースコアリングですが、申し込みされた方の個人データに基づいて行われる審査です。申し込みの際に入力した「生年月日」「年収」「居住形態」「配偶者情報」「雇用形態」「勤続年数」他にもありますが、これら情報を自動でコンピューター審査を行うものです。スコアリングとして出た結果で、優良利用者になり得るかどうかを判断されます。

カードローン会社として最も重要な判断箇所は「問題なく返済できるかどうか」になります。過去の利用履歴、そして生活形態の総合情報で、遅れる事なく無事に完済できるかどうかを判断するのが「信用情報」「スコアリング」のふたつの審査となります。

第三の審査:在籍確認

上記ふたつが前後する事はあっても、在籍確認は最後と決まっています。その理由は、信用情報とコンピュータースコアリングが問題なく通過した事が、在籍確認が行われる条件だからです。

個人の情報も、勤務先の情報も調べる事で間違いがない事は判断できます。では、今現在、その勤務先で毎日働いているかどうか、そして毎月の給与を振り込まれているかどうが最後のチェック事項になります。それが在籍確認です。

ポイント!在籍確認が行われるタイミングは審査の最後!

・もし、申込者に問題があり、審査で落とされてしまうような事があるとすれば、最初のふたつの段階が多い確率になります。契約が可能かどうかのほとんどの判断は個人情報データとスコアリングで済ませる事ができます。最後の在籍確認まで問題がなければほとんどの場合、契約まで到達できるといえます。

在籍確認の審査に高確率で通る方法とは?

働いていて、会社から毎月給料が振り込まれている方であれば、個人情報に嘘がなければ高確率で審査に通ります。もし、それでも虚偽の申請をしたいと考えるのはどんな状況でしょうか?

ひっかかるのはもしかしたら「年収」でしょうか?「勤続年数」でしょうか?それとも働いているのが大企業ではないからでしょうか?そんな理由で審査に通らないという事は決してありません。

低収入でも、勤続年数が短くても、小規模の会社であっても、安定した収入があれば問題なくカードローンの利用は可能です!ただ最初に借りれらる金額が少し異なってくるくらいです。

むしろ嘘をついてしまった場合のほうが大変な事になります。大手企業を勤務先と仮定し嘘の電話番号を申請してもバレてしまいます。そうなると今回の審査に落とされるだけでなく、別な金融業者への新規申し込みもできない事になります。さらには罪として訴えられる可能性もあるかもしれませんので気をつけましょう。

派遣社員でもアルバイトでもパートでも問題なく、カードローンの利用はできます。自信がないからと言って嘘の申請だけはやめましょう。どんな形態であれ毎月の収入があればほとんど契約はできます。

・カードローンの在籍確認で本人不在の場合は?

・職場の事情は様々です。いつも自分のデスクに貼り付いているような職場もあれば、職種によっては外回りが多かったり、接客の多い仕事もあります。

在籍確認の電話が不安だという声が多いのは、電話がかかってくるタイミングで不在になる事が理由ではないでしょうか。

しかし、安心してください。カードローンに申し込みをされた方が不在だった場合でも、職場の同僚の方が電話対応をすれば、それで在籍確認の審査は通過した事になります。

そして、消費者金融名を名乗る事はなく、担当者の個人名でかけてくるので、同僚の方が電話対応しても、バレる事はないので安心です。

それでも心配であれば、あらかじめ電話対応をしてくれる可能性のある同僚に一言、「クレジットカードの申し込み」「銀行ローンの審査」で、電話がかかってくるかもしれないと伝えておくのもよいでしょう。クレジットカードも銀行の(住宅・自動車)大型ローンの審査も社会人としては普通の事ですから。

・カードローンの在籍確認審査は避けて通れる?

・不安なのは勤務先への電話連絡だと思います。職場でバレたくないという気持ちは、消費者金融側も把握していますので、電話以外の在籍確認の方法も用意しています。

カードローンの在籍確認は必ず行われる審査ですが、その電話確認は避ける事も可能なケースがあります。電話以外の方法で在籍確認を希望するのであれば、審査の直前に、担当者に相談する事で可能となってきます。

審査の直前にお願いする理由としては、電話以外の方法で在籍確認を行っても問題ない内容かどうかを審査して判断するという事です。

上記で紹介した、「信用情報」「スコアリング」で電話なしでも別の方法で在籍確認が可能となれば、追加の証明書類の提出に変更も可能です。

健康保険証、社員証、収入証明書などが追加提出で在籍確認も可能なケースもあります。これらの証明書は勤務先名が表記されているものなので、在籍を確認できるものとして代用できるのです。

ただ、電話以外の方法で在籍確認をお願いしたとしても、「信用情報」と「スコアリング」の結果が微妙であった場合は、担当者の判断で在籍確認は電話で行う必要があるとなるケースもある事を忘れないでおくべきです。

・カードローン:在籍確認のまとめ

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

カードローンの在籍確認審査ではそんなに不安になる必要はありません。そして、無職でない限り、もしくは過去に金融事故をたくさん起こしていない限り、どんな方でもカードローンを利用する事はできます。

・在籍確認は最後に行われる審査

カードローンで行われる審査の順番として「信用情報」そして「スコアリング」が先にクリアしてから、在籍確認が行われるというタイミングになります。優先度で言うと先のふたつという事で、在籍確認が行われる段階では、契約直前という見方をしても良いかもしれません。確認の電話を本人が受け取った際には、担当者から「これで審査は完了です」という言葉を貰えるかもしれません。

・虚偽の申請をしなければ心配する事のない審査

ご自身を大きく見せる事で、借入可能な金額をできるだけ高額にしようという魂胆から、嘘の申請をするのはとても危険です。正しい情報かどうかは調べればすぐにわかってしまう事です。

もし、他の金融業者からキャッシングでの借り入れがあったとして、申告しなければバレないと思っている方もいるかもしれませんが、信用情報機関で照会すればすぐに判明してしまう事なので、正直に申告しましょう。

・在籍確認でかかってくる電話は担当者の個人名

消費者金融からの場合は個人情報保護の立場から、第三者である職場の同僚や上司にバレないように十分に配慮して、担当者の個人名で電話をかけてくるので安心して良いでしょう。

それでもバレてしまうと不安な方は、電話以外の方法で在籍確認を行って貰えるように担当者にお願いしておきましょう。

・職場の同僚にはあらかじめクレカ・銀行ローンの一声

審査の流れとしては終盤に位置する在籍確認ですが、職場にかかってくるのはどの時間になるかはわかりませんので、ご自身が不在でも、いつかかってきても良いように同僚に「クレジットカード」もしくは「銀行」からの電話があるかもしれないと伝えておくと良いでしょう。

・電話以外の方法で在籍確認希望を担当者に相談

もし、担当者の個人名でかかってきても、あらかじめ同僚にクレジットカードの審査電話と伝言したとしても、バレる可能性のある職場と判断したら、その旨を担当者に相談しましょう。できるだけ周囲に知られてしまうリスクは避けたいところです。カードローンの担当者も気持ちよく利用してもらうために、できるだけ申込者の希望を汲んでくれるはずです。