カードローンのキャッシング、余計な書類を出したくないですよね。

カードローンキャッシングは借りる金額や業態によっては『免許証』だけでお金を借りることが可能です。

免許証だけでお金を借りる便利な方法について解説します。

貸金業のカードローンの仕組み

貸金業の法律は、貸金業法が適用されます。

貸金業法には
◆50万円以上の貸付を行う場合

◆もしくは他社を含めて100万円以上の貸付を行う場合
において、収入証明書の提出を義務付ける法律が存在しています。

全ての貸金業者は法律を守りますので、この金額以上借りなければ免許証だけでお金を借りることが可能です。

銀行カードローンの仕組み

銀行に貸金業法のような収入証明書を求める法律があるのかというと、銀行には『銀行法』が適用される為に制限を受ける事はありません。

つまり、
◆銀行カードローンは理屈上、免許証だけで借りることができる

◆収入については、ほぼ自己申告
になります。

ただし銀行間や銀行内部のルールで、一定金額以上借りるときに免許証以外の書類が必要になる場合もあるので、申し込みの前に確認するといいでしょう。

まずは銀行カードローンから借りるのが賢い方法

借入を行うときは、まずは銀行カードローンから借りるのが賢い方法です。

金利も低く、免許証だけで大きな金額を借りることができます。

銀行カードローンを借りた後に消費者金融から借りた方が、審査の優位性でより大きな金額を借りることが可能です。

免許証だけで借りる場合は希望する金額が大切です。

銀行カードローン、消費者金融キャッシング共にホームページを確認してから申し込みしましょう。