『女性の方が真面目』『女性の方が審査を優遇すべき』という声が稀に聞こえてきます。

残念な事に、『女性と男性のカードローン審査に違いはない』と言うのが答えになります。

女性と男性のカードローンの借入審査に違いが無い理由について解説します。

女性と男性でカードローンの借入審査に違いが無い理由

統計学的には確かに、『女性の方が真面目である』『お金も真面目に返す事が多い』と評価されています。

ただし、残念な事に、女性は
① 体が男性より弱い

② 精神的にも弱く、うつ病になりやすい
といった、収入が根本的に途絶えるリスクは男性よりも高くなっています。

性格上は女性の方が評価されているものの、肉体や精神的に男性の方が優位なのです。

全てのカードローンで男女の審査は同じ

このように、女性も男性も一長一短なので、性別による審査ポイントの違いはカードローン業者各社で設けられてはいません。

それより、年収、正社員であるか、借入先件数は少ないか、借入総額は少ないかの本来の信用力の方がウェイトは高く審査に影響を及ぼし、性別に関する審査ポイントに違いは全くありません。

『性別で落とされた』と考える事はせず、信用力を磨くことを第一に考えてください。

カードローンの審査、男性、女性での違いは一切ありません。

借入先件数を減らすと、審査に通りやすくなります。

性別の違いで審査落ちしたと疑っている方は、おまとめローンで借入先をまとめるなど、借入先件数を減らす事を試してみてください。

結果が変わってくるはずです。