金利と審査の関係性についてはどうなのでしょうか?

一般的には高金利なほどカードローンの審査基準が低いと言われています。

低金利と言えば銀行ローンでしょう。それに比べて消費者金融の金利は高いといえます。

金利と審査の関係性について解説します。

高金利ほど審査基準が低くなるのは正解

銀行カードローンを例に考えてみましょう。

銀行カードローンは銀行の他に保証会社の審査に通らなければいけません。

高金利のカードローンの方が銀行の実入りが多くなりますので、その分保証会社に支払う保証料も増やせます。

保証料が高ければ、保証会社は貸し倒れ率を許容できます。

また、担保や保証人が必要なくなった代わりに、銀行、消費者金融、そして保証会社、信用情報機関と情報を共有できるようになったので、確実な審査が行われるようになった事も重要です。

消費者金融と銀行でも審査はちがう

一般的に消費者金融は利息制限法の上限金利に近く、高金利です。

銀行カードローンと比べると、銀行の方が金利は低くなりますが、その分審査は厳しくなります。

消費者金融と銀行カードローンでも、金利と審査の関係はあるでしょう。

加えて、高額融資を前提にローンを行っているのが銀行です。高額となるとそれだけ分割返済は長期展開になります。

それも審査基準が厳しくなる要因のひとつではないでしょうか。

消費者金融は少額で短期返済でのキャッシングを行っています。1年以内に完済することを目的としている事が多いのではないでしょうか。

1年以内なら転職や離職するような環境の変化も少ないからとも言えます。

→短期間だから高金利は仕方がない消費者金融に対し、長期ローンが前提だからこそ低金利に設定できるのが銀行、という事です。

自分のレベルに合った審査に申し込む

お金を借りるときは、1%でもコストを節約したいので、低金利のカードローンに申し込みがちです。

借入先が複数社ある人が、低金利のカードローンに申し込んでも審査には通りません。

金利と審査の関係性を掴んで、自分のレベルに合ったローンに申し込みましょう。

カードローン審査で、金利と審査の通りやすさの関係性は実在するようです。

カードローンの審査を受けるときに是非ご参考に!