余裕がないときのお買い物に便利なのが、クレジットカードのリボ払いです。

リボ払いなら月々最小の金額で支払いできます。

しかし、リボ払い残高が増えてくると、カードローンの審査に悪影響が出る可能性があります。

お金を借りたくてもリボ払い残高のせいで、カードローンの審査に通らないのでは困ってしまいますよね。

リボ払い残高の多さがカードローンの審査に悪影響が出る理由

多少のリボ払い残高であれば、カードローンの審査に悪影響が出る心配はほとんどありません。

しかし、リボ払い残高が多い方は、カードローンの審査に注意が必要です。

なぜリボ払い残高の多さがカードローンの審査に悪影響が出るのか、それは支払能力が関係しています。

リボ払い残高が多くなり支払能力が落ちるほど、貸し倒れのリスクが高まるためカードローンの審査が厳しくなるのです。

リボ払い残高は個人信用情報に記録されており、違う会社のカードローンの審査であっても分かります。

キャッシングリボ払い残高のほうが、カードローン審査に悪影響が出やすい

クレジットカードにはショッピングリボ払い、キャッシングリボ払いと2つのリボ払いがあります。

ショッピングリボ払いは割賦販売法、キャッシングリボ払いは貸金業法によるサービスです。

貸金業法によるキャッシングリボ払いは、年収3分の1以上は利用できない総量規制の対象となります。

一方、割賦販売法によるショッピングリボ払いは法律が違うため、総量規制の対象外です。

総量規制の対象となるキャッシングリボ払い残高のほうが、カードローン審査に悪影響が出やすくなります。

まとめ

カードローンの審査を受けるときは、なるべくリボ払い残高を減らしておきましょう。

クレジットカードのリボ払いでは、ATMなどで追加支払できる場合が多いです。

余裕があるときは、まとめてリボ払い残高の支払いもできますよ。