カードローンによって審査基準というものが異なります。

なかには厳しい審査基準を設けるカードローンもありますが、審査基準の甘いカードローンはあるのか気になるところです。

審査基準がそれぞれ異なる事があるとしたら、やはり人間の心理としては基準の低い方に申し込みたくなるかもしれません。

そんな疑問を持つ方は次へ進んでみてください。

審査が甘いカードローンはない

カードローンは無担保や無保証人でお金を貸すものがほとんどです。

有担保ローンだと顧客が返済できなくなった場合、担保から回収できます。また、保証人に肩代わりしてもらう事も考えられます。

しかし、無担保のカードローンでは担保からの回収ができません。

保証人ありのローンでは保証人に返済してもらうことが可能ですが、カードローンは保証人なしでお金を貸しています。

有担保ローンや保証人ありのローンより、無担保のカードローンのほうが貸し倒れのリスクは高くなります。

貸し倒れとなる顧客が多くなるほど、カードローン会社の損失も増えてしまいます。

そのため、比較的審査基準の低いカードローンであっても、甘い審査ではないと考えてください。

審査の段階で、返済の見込みが厳しいとわかっている相手にお金を貸す事は大変リスキーです。

大手消費者金融の審査通過率は40%台

プロミス、そしてアコムといった大手消費者金融では審査通過率(成約率)をネット上で公開しています。

年や月によって多少異なりますが、審査通過率は40%台です。

銀行カードローンより比較的審査に通りやすい大手消費者金融でも、半分ちょっとの方は審査に落ちています。

その中には銀行で借りれなくなってしまった状態やすでに他の消費者金融で限度額借りてしまった状態で、最初からダメ元で申し込む方もいます。

落ちる可能性をすでに秘めているという方々です。

普通に仕事をして、毎月の給与も安定している方で、過去に金融業者との遅延などのトラブルも無い状態でしたら、審査にはほとんど通過するでしょう。

安定した収入が大事

カードローンの利用条件では安定の収入が重要とされています。

それは不安定な収入だと返済を続けるのが難しいといった理由からです。

そのため、審査が甘いとされるカードローンを探すより、まずは「安定した収入」を目指しましょう。

まとめ

審査の甘いとされているカードローンはありませんが、比較的審査で低い基準を設けているカードローンはあります。

審査に不安がある方は厳しい審査基準の銀行カードローンではなく、消費者金融カードローンへ申込みすると良いでしょう。

ただし、大手消費者金融でも審査通過率は40%台のため、必ず審査に通るわけではありません。