あなたが『お金を急いで借りたい。銀行に申し込みに行こう。』と考えているなら、即日借りれる安心の方法があります。

土日や休日に急ぎの融資を受けたい時、カードローンでは消費者金融に申し込むのが正解です。

消費者金融は審査が早いうえにスピード融資がウリなのでサービスがとても充実しているんです。

スマホやネットからすぐに申し込み完了ができますし、誰にもバレずに今日中にお金が借りれるのでとても人気です。

それではカードローンの審査時間は消費者金融VS銀行で比較していきましょう。

カードローンの審査時間

消費者金融VS銀行で比べると、その差はよくわかります。

カードローンの審査時間は、
①消費者金融だと30分程度、融資実行までの所要時間は1時間

②銀行は2日から2週間
となっています。

審査時間は圧倒的に消費者金融の方が早く、銀行はその日の内に融資をしてくれるどころか、審査結果が出るまで数日かかります。。

なんで銀行は遅いの?

銀行カードローンの審査に時間がかかる理由は、銀行カードローンは2018年の法改正により『反社会的勢力ではないか』の確認を警察データベースに照会しなければ活けなくなった為です。

即日融資はできなくなっているので、急ぎの融資では銀行カードローンは必ず避けるようにしましょう。

消費者金融なら夜間の融資に強い

消費者金融の場合、夜の9時位までに申し込めばその日のうちに借入を行えます。平日だけでなく、土日や祭日などの休日でも即日融資が可能なのでとても便利です。

スマホアプリローンサービスを導入している会社(プロミスやアコム、モビット等)なら、さらに時間成約が少なくなるでしょう。

中でもプロミス等は無利息期間もあるため、短期間の借入なら実質コストでも銀行カードローンに負けません。

消費者金融VS銀行、スピードに置いての軍配は消費者金融に上がる様です。今では金利もそれほど高いわけではありません。借りすぎに注意して計画的に利用すればむしろ消費者金融の方が使い勝手がいいのが事実です。

お金を借りる上で、審査が早いというのはとても大きなポイントとなりますよね。

銀行カードローンは即日借入できませんので、急ぎの場合は避ける様にしてください。