借金の返済を滞納すると、新規のカードローン審査に通らな句なってしまうことが多いです。

しかし、なんとか完済したのに新規のカードローン審査に通らなくなってしまうこともあります。

なぜ完済したのに審査に通らないのか、それは次のような原因が考えられるでしょう。

滞納の情報は他社と共有している

カードローンの審査は新規申込時だけではなく、契約中にも実施されているのをご存知ですか?

契約中に実施される審査のことを、途上与信と呼んでいます。

この途上与信に落ちてしまうと、契約中にもかかわらず、カードローンは利用停止となるでしょう。

途上与信に落ちる原因の一つに、繰り返す滞納や長期の滞納があります。

例えカードローン1社の滞納を解消しても、他社と情報共有されているため、カードローン審査に通らないことが多くなるのです。

複数社と契約中の場合、全てのカードローンで利用停止となりかねません。

信用情報にキズが付いた

滞納した時の情報は、信用情報に登録されます。

この信用情報を扱っているのが、JICC、CIC、KSCの信用情報機関です。

信用情報機関によって異なりますが、滞納情報の登録期間は5年間となっています。

例え滞納した借金を完済しても、信用情報にキズが付いたままになるのです。

信用情報にキズが付いたままでは、他社のカードローンであっても審査に通らないでしょう。

完済の手段に任意整理や個人再生を使った

借金を滞納し、自力での返済が難しくなった時は、任意整理や個人再生といった手続きで解決できます。

任意整理や個人再生では、借金が減額されるため、今までより返済が楽になるでしょう。

しかし、完済の手段に任意整理や個人再生を使った時にも、信用情報にキズが付きます。

任意整理の登録期間は5年間ですが、個人再生では最長10年間です。

信用情報のキズが消えるまで、カードローン審査に通らないでしょう。

まとめ

借金の滞納は長期になるほど、悪影響が大きくなります。

信用情報にキズが付くだけじゃなく、最悪差し押さえといった悪影響もあるのです。

借金を滞納してしまっても、催促が来た時点で、すぐに応じれば問題ありません。

どうしても返済が厳しい時は、借りている会社に連絡しましょう。