カードローン・キャッシング利用中にリストラ・定年退職したらどの様に処理を行えばいいのでしょうか。

リストラ・定年退職した時は適切に処理しないと大変な事になります。

リストラ・定年退職した時の処理方法をお教えします。

リストラ・定年退職は借入先に相談

リストラ・定年退職になると就職が決まるまで、支出は抑えなければいけないでしょう。

借入金を返済しても、再度借りる事はできませんから、極力返済を遅れさせた方がいいです。

消費者金融などの金融機関はあらかじめ、リストラ・定年退職で返済が苦しくなった人の為にフリーダイヤルを用意してくれているところが多いです。

消費者金融でお金を借りてる人の中にも当然、様々な事情で返済が厳しくなる人がたくさんいますので、それを金融に伝えるのはちっとも恥ずかしいことではないと覚えておいてください。毎日たくさんの人々から電話がきてるので消費者金融はもう当たり前になっている感覚です。

恥ずかしくて言えないという方も多いようですが、まずはフリーダイヤルに電話して相談してみましょう。

金融機関にリストラ・定年退職されたと相談するとどうなる?

リストラ・定年退職されて返済ができなくなったと金融機関に相談すると、金融機関は支払額を少なくしてくれる事があります。これは債務整理とは違う方法なのでブラック扱いにもならないので安心です。

金融機関はとれない人に追い込みをかけたりはしません。

怒鳴られたりしませんので、リストラ・定年退職された場合は怖がらず相談する様にしてください。

その反面、リストラや退職というのは無職扱いになるので、新たにお金を借りることができなくなります。もしまだ借り入れ可能額の上限がある場合は、今のうちに借り入れしておくのも手かもしません。

リストラ・定年退職の場合、最終案も考える

リストラ・定年退職の後に就職がすぐ決まりそうなら問題ないのですが、そうではない場合、収入がなくなると当然、返済が滞ることになります。

返済が厳しい場合は無理をせず最終的には債務整理や自己破産などを検討することも必要です。

再就職がうまくいかなかった時は、法的整理も検討に専門家に相談してください。

リストラ・定年退職された時はまずは金融機関に気軽に相談するのが一番です。

うまく行けば利息だけの返済で待ってくれる事があります。

リストラ・定年退職されてもめげずに、再就職を急ぎましょう。