他社借入がある人はカードローンの審査がどうしても不利に働く事があります。

新規申込みをしようと考えているとして、もしすでに他の金融業者で借入を行っている場合はそれがネックになって、もしかしたら審査に落ちてしまうのでは?と考えるのは不思議な事ではありません。

実際にはどれくらいの確率で不利なのか、いくらまでの金額を他社で借りているればセーフなのか気になるところです。

どのくらいの他社借入で審査が不利になるのか、見ていきましょう。

○ 他社借入額はいくらまで大丈夫?

消費者金融は借入総額年収3分の1までという総量規制の対象です。

そのため、他社借入の段階ですでに年収3分の1の制限近くまであると、カードローンの審査が厳しくなります。

たとえば年収300万円の人だと、他社借入額100万円までということです。

その場合、他社ですでに70万円の借入があれば、新規での借入可能額は30万円までとなります。ですので、申込みの段階で借入希望額を50万円となると、審査通過はかなり厳しくなるでしょう。

ですが、ギリギリな金額ということであれば審査に通るかというとそういう訳でもありません。

他社借入額年収3分の1は、あくまでも目安となります。審査基準はまた別にもあります。

職業や雇用形態、勤続年数、家族構成などほかの属性が低い人は、他社借入額が少なめでもカードローンの審査に注意が必要です。

○ 他社借入件数は何件まで大丈夫?

他社借入額以上に重要なのが、他社借入件数です。

他社借入件数が多すぎる人は、多重債務と見なされてしまいます。

大手消費者金融では借入件数3件まで、中小消費者金融では借入件数4件までが限度と捉えるのが良いでしょう。

借入件数5件以上の人は大手でも中小でも消費者金融の審査通過は厳しくなります。

○ 他社借入額と借入件数は正直に

カードローンの申込書、申込みフォームに他社借入総額、そして借入件数を入力する欄があると思います。

大幅に事実と異なる他社借入額と借入件数を申告してはいけません。

それはカードローン審査時に照会をかける個人信用情報で、他社借入額と借入件数が分かるからです。

信用をなくすため正直に申告してください。

○ まとめ

他社借入額が年収3分の1ほどある人は、借りるより前にできるだけ返済してください。

借入件数が3件4件以上ある人は金利の高いクレジット・ローンから完済し、借入件数を減らすと良いでしょう。